FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前ページ 次ページ >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

回想・・・岡山駅前・桃太郎像(小学6年生)

今回の想い出の写真は国鉄・岡山駅の駅前広場の桃太郎像です。
1977年(昭和52年)小学6年生 12歳の時です。
東京から岡山市に引っ越してきました。
1977momo3_2021012421164125b.jpg

現在の岡山駅前・・・桃太郎像がありました。
でも向きが違う感じだし台座も違います。
たぶん駅前広場を整備したとき少し位置と向きを変えたのでしょう。
駅舎は同じようですが壁の色が異なります。
momotaro1.jpg

momotaro2.jpg

小学6年生の思い出を綴ってみたいと思います。

▽続きを読む▽
2019/09/17 22:02|回想録TB:0CM:0

回想・・・岡山駅(中学2年生)

昔の写真に写っている懐かしの場所その2は岡山駅前噴水広場です。
1979年(昭和54年)、中学2年生の時です。当時は国鉄でしたね。

1979ac1.jpg


現在のJR岡山駅前広場・・・
同じ噴水がありました。噴水の位置は同じだと思いますが広場は整備されているようです。
当時はポケットパークのようになっていましたが、現在はオープンスペースになってます。
okayama-st1.jpg

中学2年生当時の生活を回想してみたいと思います


▽続きを読む▽
2019/09/17 21:30|回想録TB:0CM:0

回想・・・京山タワー

昔、自分が写っている写真と同じ場所に行ってみました。
写真は1978年(昭和53年) 中学1年生の時です。
場所は友人と遊びに行った岡山市の『京山タワー』です。
京山ロープウェーで上がりました。山の麓には池田動物園があります
1978kyoyama1.jpg

確か行ったのは6月か7月だったと思います。
「京山ロープウェー」行きの岡電バスで行った記憶があります。
当時自分は地域の中高生で結成されているプロレス同好会に参加していて、
この日の午後に試合があるので同級生4人が応援に来てくれることになって、
その前にみんなで京山に遊びに来た次第です。
屋外の遊園地は幼児向けのものが多くて、
自分たちは京山タワーの中にあるゲームコーナーで遊びました。
シュールなお化け屋敷もありました。
昼食はタワー上階の展望レストランでとりました。
記憶が曖昧ですが確かフロアが回転してたような・・?


■現在の京山タワー
『京山ソーラー・グリーンパーク』という施設になっています。
kyoyama03.jpg



▽続きを読む▽
2019/09/17 11:00|回想録TB:0CM:0

井笠鉄道(岡山・池田動物園)

岡山の池田動物園内には昔県内で走っていた軽便鉄道である
井笠鉄道の蒸気機関車と西大寺鉄道の客車と貨車が展示されています。
中学生時代に池田動物園と京山に行ったことがあり、
園内に井笠鉄道があったことを思い出し今回約40年ぶりに入園しました。
当時のまま展示されていました。
IkasaT_01.jpg

井笠鉄道と西大寺鉄道では軌道幅が異なりますので、運行中はこのような編成はあり得ませんでしたが懐かし車両の展示なのでそれはそれでイイかなと思います。
IkasaT_02.jpg

客車内には懐かしの写真が掲示されていました。

▽続きを読む▽
2019/09/17 10:33|鉄道TB:0CM:0

池田動物園

京山に行ったら麓にある池田動物園も立ち寄りたいところです。
ここに来たのは3回目です。最初が小学1年生、2回目が中学1年生の時だから今回は約40年ぶりです。
この動物園は市営ではなく池田家による民営なのが特徴です。
岡山で池田という名前を聞けば歴史好きな方は直ぐに分かると思いますが、動物園の創設者である故・池田隆政氏は江戸時代に岡山藩の初期から幕末まで藩主を務めた池田家の末裔です。池田家としての初代藩主である池田忠継は父が池田輝政で母は徳川家康の次女督姫ですから家康の外孫です。そして故・池田隆政氏の妻は昭和天皇の第四皇女厚子様です。
将軍家と天皇家の血筋を引くご夫妻で創設したのが池田動物園ということですね。隆政氏の死去後は池田厚子さんが園長を務めています。ということで民営といっても由緒ある動物園です。
Ikeda-Zoo_01.jpg

Ikeda-Zoo_07.jpg

Ikeda-Zoo_02.jpg

池田動物園公式サイト

久々に園内を散策してみたいと思います。

▽続きを読む▽
2019/09/17 10:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

笠岡城跡(岡山県笠岡市)

笠岡城跡(古城山公園)に行ってきました。

弘治年間(1555~1558)に能島 村上水軍の一族、村上隆重が築城。その後 村上景広、毛利元康が在城。関ケ原合戦後、徳川家康の所領となり代官 小堀新助が入城。元和2年(1616)池田備中守長幸の居城となるが元和5年(1619)に備中松山城に移り、笠岡城は廃城となった。
明治40年(1908)未新田埋め立てのため切り下げられ、城の遺構は消滅した。
昭和31年笠岡市の都市公園となり、以後「古城山公園」として市民に親しまれています。

Kasaoka-Jo_01.jpg

海側から見た古城山(笠岡城跡)・・・
上部が埋め立ての土砂採取のため削られて平らになっています。
古城山の下はトンネルで国道2号線が通っています。
Kasaoka-Jo_02.jpg Kasaoka-Jo_03.jpg


▽続きを読む▽
2019/09/16 11:30|城郭探訪TB:0CM:0

北木島への旅(番外編)・・・思い出の品

北木島の祖母の実家に約40年ぶりに行ったところ土砂崩れで崩壊してたわけで・・・
敷地に入ることさえできない状態で・・・というか敷地自体が無くなって山の一部になっている惨状でした。
野球盤、ボウリングゲームなどの玩具とかコロムビアのレコードプレーヤー、ナショナルのラジカセ・・・といった想い出の品を持ち帰ろう思っていたので非常に残念でした。
その代わりにいくつかの思い出の品が発見されたので数点持ち帰りました。
kitaki2-04_20210224111352fb6.jpg


鬼瓦・・・周囲に屋根瓦が散乱しており、その中で鬼面ではありませんが綺麗なデザインの鬼瓦があったので家屋の記念として持ち帰りました。家屋は明治時代の建築だったらしいのですが、鬼瓦は当時のものなのか その後葺き替えたものなのかよく分かりません。
kitaki2-06_20210224111354774.jpg


庭の端に風呂場と納戸がある離れがありました。風呂場は完全に崩壊してましたが納戸の一部が残っており瓦礫をかき分けて扉を開けると・・・ゴムボート、浮き輪、水中眼鏡などの海水浴用品、バット、グロープ、バトミントンラケットなどの遊具が朽ちてボロボロ状態で残っていました。
あと棚の上に「制服・男子」と書かれた大きな茶箱があり、開けてみると小中学生用の制服セットが入っていました。女子用もあったのですがダンボール箱だったのではじけて泥だらけになっていました。
chabako1.jpg

この茶箱の中身はタイムカプセルみたいな感じだったので、これも記念に持ち帰ることにしました。


▽続きを読む▽
2019/09/16 11:00|日記TB:0CM:0

北木島への旅 (その6) 金風呂丸

帰りは金風呂港から金風呂丸で・・・
今回は時間の関係で金風呂地区を見物することはできませんでした。ここ金風呂集落には北木西小学校という独立した小学校がありましたが、現在は統合して北木小学校として島唯一の小学校が存在します。
KanafuroMaru_01.jpg

午前中に島を出る車は私のキャラバン1台だけでした。
午前11時20分出港です
KanafuroMaru_07.jpg


▽続きを読む▽
2019/09/16 10:30|旅行・ドライブTB:0CM:0

北木島への旅 (その5) 豊浦

豊浦港・・・
笠岡からのフェリーの発着場があるので石材工場が最も多い地区です。
toyoura_08.jpg

toyoura_07.jpg


▽続きを読む▽
2019/09/16 10:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

北木島への旅(その4) 大浦

北木島の中心地である大浦地区に行ってみました。
oura2019_01.jpg

北木島 大浦港・・・
笠岡港から真鍋島を結ぶ航路の定期船が発着します。昔は香川県の多度津まで行っており、四国へ渡る穴場航路として盆正月はどの船も満員でした。また北木島で高速船が発着する唯一の港です。
oura2019_02.jpg oura2019_03.jpg


港のすぐ傍にアーケード付きの商店街があります。でも営業しているのは郵便局だけのようで、他の店舗は廃墟になってました。
私が幼児から小学生時代はここで何度かアイスクリームを買った想い出があります。
oura2019_05.jpg oura2019_04.jpg

旧・北木小学校・・・
港のすぐ横に廃校になった旧・北木小学校が目立ちます。北木島で最も新しく綺麗で立派な建物です。
しかしここは母が通った小学校ではなく、港の横を埋め立てて、住宅地内にあった旧旧・北木小学校を移転したものです。
過疎化で児童が減って近いうちに統廃合されるのは明らかだったので、廃校になる前に(税金で)建ててしまえ・・・ということでしょう。笠岡市立とはいえ予算の殆どは国が出すわけですから・・。立派な校舎が建って・・・予想通り数年後に廃校になりました。
現在は診療所が入っていたり、臨時の宿泊研修所として使ったりしているようです。
oura2019_12.jpg oura2019_11.jpg

そこで、母が通った旧旧・北木小学校跡地を訪ねてみたいと思います


▽続きを読む▽
2019/09/16 09:45|旅行・ドライブTB:0CM:0

北木島への旅(その3) 楠

北木島の旅その3は祖母と母が住んでいた楠(くすのき)地区を散策してみました。
真鍋島もよく見えます。
kusunoki_01.jpg

旧 北木小学校・楠分校・・・
母が通った分校ですが既に校舎は無くなっていました。お寺の本堂みたいな建物だった記憶があります。
ここの分校は5年生まで学び、6年生の1年間だけ大浦の本校に通うという仕組みだったようです。
お盆の時期には校庭で盆踊りが開催されており帰省した人々で賑わっていた思い出があります。
kusunoki_03.jpg

校庭にはシーソー、ジャングルジム、雲梯といった小学校の遊具が残っていました。
kusunoki_04.jpg

母の思い出場所巡りはこのあと松原の別荘跡まで行ってみたいと思います


▽続きを読む▽
2019/09/16 09:30|旅行・ドライブTB:0CM:0

北木島への旅 (その2) 祖母の実家

祖母の実家は山の中腹にあるので、楠港から大浦方面に少し行ったところの空地にキャラバンを停め徒歩で上ります。
戦前戦後に母が家族で住んでいた家です。昭和40年頃には空き家となり、それ以降はお盆の時期に墓参りを兼ねた夏のレジャーの拠点として親族一同で使用していました。
私にとっては北木島に来るのが夏休みの一番の楽しみでした。お盆の時期になると1週間ほど広島や大阪などから親族一同が集まり、子供達だけでも15人くらいいて海の学校の合宿所みたいな感じで海水浴に遊びに楽しい日々を過ごしました。

kitaki2-02.jpg


▽続きを読む▽
2019/09/16 09:15|旅行・ドライブTB:0CM:0

北木島への旅(その1)・・・墓参り

岡山県笠岡市の北木島にフェリーで行ってきました。
広島県との県境にある笠岡諸島最大の島です。この島で産出する良質な花崗岩(御影石)は北木石とも呼ばれ大阪城の石垣、日本銀行本館、靖国神社の大鳥居や灯篭などに使用されています。
最近ではお笑い芸人『千鳥』の大吾の故郷として有名になっています。

ここには祖母の実家があり、祖母と戦死した叔父(母の兄)の墓があります。母が高齢で行くことができないので、私が代理で墓参りに来た次第です。私の母は縁故疎開で小学校入学時に大阪から北木島に来て結婚するまで住んでいました。

私にとっては小学生時代に毎年夏休みに海水浴に来ていた想い出の島です。
北木島に来たのは大学卒業した時以来だから三十数年ぶりです。

笠岡伏越港から朝6時10分の始発のフェーリー(大福丸)に愛車キャラバンで乗船しました。
kitaki_1-01.jpg

船内・・・釣り客中心に次々と車が入ってきました。
kitaki_1-02.jpg

笠岡港出港・・・始発便は北木島直行です
kitaki_1-03.jpg


▽続きを読む▽
2019/09/16 09:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

映画 『記憶にございません』

映画 『記憶にございません』 を鑑賞しました。
脚本家 三谷幸喜の映画監督8作目となるオリジナル作品です。支持率が低く国民から嫌われている総理大臣が演説中に投げられた石が命中し記憶喪失になったことから巻き起こる騒動を描いたコメディ映画です。
三谷幸喜氏の脚本に興味があるので期待して鑑賞しました。コメディなのでリアル感は無いですが、そこそこ面白く拝見しました。

それより旅の途中で観たわけですが、岡山のイオンモール素晴らしいですね

KiokuniGozaimasen.jpg

記憶にございません』 127分
監督・脚本:三谷幸喜
出演:中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、小池栄子ほか
配給:東宝
公開日 2019年9月13日

鑑賞劇場=イオンシネマ岡山  ULTIRA(G9)
満足度 ★★★★
2019/09/15 23:21|映画TB:0CM:0

ハムフェア 2019

ハムフェアに行ってきました。
アマチュア無線フェスティバル「ハムフェア2019」・・・
今年はビッグサイトに新たに建設された南棟3・4ホールでの開催です。
初日で混雑していたこともありますが、西ホールに比べてエントランスホールが狭いので窮屈に感じました。
ham2019_1.jpg
南3・4ホールは以前南駐車場があった場所に新築されました。
駐車場は立体になり高さ2.1mなのでキャリア付の1BOXカーでは無理・・・
仕方なく午前8時前に行って会議棟地下駐車場(こちらは高さ2.5m)に入れた。


ハムフェア2019 オープニングテープカット
開会式は人混みで全然見えませんでした。
ham2019_2.jpg

自分は4年ぶりのハムフェアで一日楽しませていただきました。

▽続きを読む▽
2019/08/31 21:29|アマチュア無線TB:0CM:0

伊予鉄(路面電車)

松山市といえば伊予鉄の路面電車が走っています。
路面電車好きの自分にとっては見ているだけでも楽しいです。
今回はスケジュールの都合で乗車する時間はありませんでしたが、次回はぜひ乗りたいと思います。
とにかく路面電車がある街って活気がありますよね。松山市素晴らしいです
Iyotetsu01.jpg


土日は坊ちゃん列車が走っています。
Iyotetsu02.jpg Iyotetsu03.jpg


低床新型車両も走ってました
Iyotetsu05.jpg Iyotetsu04.jpg


旧型も風情があっていいものです
Iyotetsu06.jpg Iyotetsu07.jpg
2018/09/23 15:30|路面電車TB:0CM:0

伊予灘SA

松山自動車道の伊予灘サービスエリアで車中泊しました。
Iyonada-SA1.jpg

伊予灘SA展望エリアからの眺め・・・
Iyonada-SA2.jpg

本日は宇和島城、大洲城、松山城などを見学する予定です
2018/09/23 06:00|車中泊TB:0CM:0

瀬戸内しまなみ海道

夕方 尾道から 『しまなみ海道』 を通って四国に入りました。
shimanami2018_1.jpg
 
途中『来島海峡サービスエリア』で休憩しました。
なかなか良い眺望でした。
夜のうちに宇和島市まで走行し、明日は宇和島城、大洲城、松山城などをを見学する予定です。
shimanami2018_2.jpg

展望テラスを備えた建物は建設中でした。
完成したらまた訪れたいと思います。
shimanami2018_3.jpg shimanami2018_4.jpg
2018/09/22 18:30|旅行・ドライブTB:0CM:0

湯ノ池の いざり松 (回想・・・岡山県里庄町)

湯の池の いざり松・・・
里庄町の天然記念物のクロマツで樹齢300年と言われていました。
昭和47年(1972年)の写真が残っていました。
satomi1.jpg
↑写真の家は農家の離れを改造したもので昭和44年に父が別荘として購入しました。
家の前で自転車に乗っているのが母と私(小学1年生頃)です。
船乗りで田舎好きだった父が老後に住むつもりで購入したそうです。当時は東京とか大阪に住んでおり、特に夏休みはこの別荘によく遊びに来ていました。隣の笠岡市に母の親族がいたり、北木島に母の実家があり毎年墓参に行くので中継地のホテル代わりに便利に使っていました。小学4年生の時(昭和50年)に一年ほど居住したことがあります。
私の姉が(学校に依頼されて)「湯ノ池のいざり松」というコラムを書いて、それが新聞(山陽新聞だったかな?)に掲載されて、コラムの中に松の木にフクロウの子供が居るという件を見た写真家がよく撮影に来ていた記憶があります。毎晩フクロウだかミミズクが「ホーホー」鳴いてました。
 
 
↓現在の様子・・・いざり松は伐採されて無くなっています。松くい虫の被害で枯れたらしいです。
写真に写っていた自宅の松の木も一足早く松くい虫にやられて引っ越す直前(S51)に伐採しました。
現在は家屋は取り壊されて小さなプレハブ小屋を置いてラーメン屋だか焼き鳥屋だか小さな飲食店になってました。
二階建ての建物は裏側の隣家なので手前の小屋が別荘があった場所です。
こんなに狭かったかな?・・と思うのだが道路が拡張して削られたのかもしれません。
satomi2.jpg
 
 
湯ノ池・・・里庄町最大の農業用の溜め池です。地域の伝承では昔周辺で温泉が噴き出しており、桃太郎伝説の元になった温羅伝説が残っています。負傷した鬼(温羅)がここの出湯で治癒しているのを知った吉備津彦命が出湯を封じて鬼退治に至ったというものです。湯の池という呼び名もその伝説が由来らしいです。
satomi3.jpg
 
 
湯ノ池脇にある消防小屋と火の見やぐら・・・
この消防小屋の屋根あたりまでイザリ松の枝が伸びていました。
消防団の出動シーンを何度か見たことがあります。火事が発生すると団員が火の見櫓に上って鐘をカンカン鳴らし集合した団員が小型ポンプを積載したリヤカーを「エッサ エッサ・・」と引いて現場に向かいます。他の部落の多くが消防署から払い下げられたポンコツ消防車を使用していましたが、ここ本村では江戸時代みたいな感じの出動でした。現在の小屋の中はいまだにリヤカーなのかな?
satomi4.jpg
 
 
↓いざり松があったところ・・・松の木の下が登校班の集合場所でした
地蔵菩薩坐像があり、その横に「南無阿弥陀佛」と書かれた石碑があります。さらにその横に牛供養の石碑が2つあります。
地蔵(お大師さんと呼んでいた)がある場所がイザリ松があった所です。アスファルトを新たに敷いた跡がありますので、いざり松伐採後に地蔵や石碑の位置を少し移動したのだと思います。当時の地蔵さんはイザリ松の左側にあり、子供たちは地蔵の屋根を踏み台にしてそこからイザリ松に上って遊んでました。

satomi5_2021012409434474a.jpg satomi_06.jpg
 
ここに来たついでに子供時代の思い出の場所を巡ってみたいと思います。
 

▽続きを読む▽
2018/09/22 17:27|回想録TB:0CM:0

岡山電気軌道 MOMO に乗車しました

岡山市を走る路面電車は市電ではなく、
岡山電気軌道(株)という民間企業で愛称は岡電(おかでん)です。
2車体2台車方式の超低床電車 通称MOMO(モモ)が3編成走っています。
その憧れのMOMOに乗車してきました。
岡山観光の時は(市内電車に乗るために)わざわざ駅から離れた大雲寺あたりのコインパーキングに自家用車を駐車して、そこから路面電車に乗って市内散策します。
 
 
2002年に導入された岡山電気軌道9200形電車 MOMO
okaden_01.jpg

2011年導入のMOMO2
okaden_03.jpg



▽続きを読む▽
2018/09/22 16:24|路面電車TB:0CM:0

岡山市内散策

姫路城を見学して夕方岡山市にやってきました。
中学時代に居住した思い出の地でもあるので明日の午前中ちょこっと散策してみたいと思います。

JR岡山駅・・・噴水と桃太郎像があります
Okayama2018_01.jpg Okayama2018_02.jpg

岡山駅前・・・
ダイエー(ドレミの街)がビックカメラになっていました。
あと岡山といえば路面電車・・・こちらは健在でした。
あとで路面電車MOMOに乗車したいと思います。
Okayama2018_03.jpg Okayama2018_04.jpg

その他、いくつかの思い出の場所を散策してみたいと思います。

▽続きを読む▽
2018/09/22 10:23|旅行・ドライブTB:0CM:0

吉備SA

山陽道の吉備SAで車中泊しました。
夜はどしゃぶりの雨でしたが、朝には青空が見えていました。
今日は一日岡山観光します。
KibiSA_2018a.jpg

サービスエリア内にある桃太郎像・・・
桃太郎像の多くは可愛い系とハンサム系がありますが、
ここの桃太郎はどうちらでもなく微妙な顔立ちです。
KibiSA_2018b.jpg
2018/09/22 07:30|車中泊TB:0CM:0

姫路城

姫路城に行ってきました。
昨夜からの雨も午前中には上がりました。でも曇り空なので写真の見栄えはイマイチですが・・。
世界遺産だけあって観光客の8割は外国人でした。

現存12天守の中でも一番人気で、その迫力と美しさは壮観でした。
現在の城の形に大改修したのは徳川家康の娘婿である池田輝政です。
HimejiJo19_01.jpg

HimejiJo19_02.jpg HimejiJo19_03.jpg

■姫路城   城データ
所 在 地: 兵庫県姫路市本町68
城地種類:  平山城
天守の形態: 望楼型 五重六階地下一階 木造(現存)
築 城 年: 1580年(天正8)、1601年(慶長6年)
築 城 者: 羽柴秀吉、池田輝政
主要城主: 豊臣氏、池田氏、本多氏、松平氏、榊原氏、酒井氏
文化財指定: 世界遺産、国指定史跡、国宝8件(大天守、東・西・乾小天守、イ・ロ・ハ・ニの渡櫓)、重要文化財74件
遺  構:  天守(現存)、櫓、石垣
別  称:  白鷺城



▽続きを読む▽
2018/09/21 00:10|城郭探訪TB:0CM:0

東映オープニング・・・『荒磯に波』

千葉県銚子市の犬吠埼灯台の下に東映の映画作品のオープニングで60年以上使用されている岩があります。
実際は崖の下で撮影されているのですが、遊歩道が波で崩壊して立入禁止になっていたので上から撮りました。だから構図が映画のようにはなりません。磯伝いに行くということも可能ですが今回は止めときました。
それに、この日は波が穏やかだったので、3つの岩に大波が「ざっば~ん」と打ち付けるお馴染みのシーンは見られませんでした。
現在のオープニングは5代目だそうです。
araiso1.jpg


▽続きを読む▽
2018/05/05 18:05|旅行・ドライブTB:0CM:0

銚子旅その3・・・『銚子ポートタワー』

銚子旅の最後は『銚子ポートタワー』に行きました。
地球の丸く見える展望館との共通入場券でお得に入場できます。
展望室の高さは約47mで特別高くはありませんが周囲に遮るものがないので360度の大パノラマを満喫することができます。
PortTower1.jpg

利根川河口 鹿島灘方向
PortTower2.jpg




▽続きを読む▽
2018/05/05 15:23|旅行・ドライブTB:0CM:0

銚子旅 その2・・・『犬吠埼』

銚子旅行は続いて・・・銚子で最も知名度がある犬吠埼に行きました。
inubo-1.jpg

犬吠埼灯台・・・
GWなので観光客で混雑していました。
「こどもの日」ということで「こいのぼり」が掲げられてました。
この犬吠埼灯台はアニメ版映画 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』 のロケ地として描かれています。
ちなみに原作である実写版は飯岡灯台ですが・・・。
inubo-2.jpg

犬吠埼から南方面を望む
inubo-4.jpg




▽続きを読む▽
2018/05/05 12:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

銚子旅その1・・『地球の丸く見える丘展望館』

今年のGWは休暇を取って九十九里の別荘で過ごしてましたが、ちょっと足を伸ばして母を連れて銚子に行ってきました。
先ずは犬吠埼の少し手前にある「地球の丸く見える丘展望館」に行きました。
choshi01.jpg

屏風ヶ浦方向
choshi05.jpg

望遠で屛風ヶ浦
choshi06.jpg


▽続きを読む▽
2018/05/05 10:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

2018 横浜も桜満開

横浜の桜も満開になりました。
写真は相鉄・三ツ境駅前から続く野境道路の桜並木です。
今年の桜はちょっと早咲きでした。

Nozakai2018-10.jpg
2018/03/27 21:21|三ツ境周辺TB:0CM:0

2018年 九十九里浜の初日の出

あけましておめでとうございます

今年の正月は久々に久々に休みが取れたので
家族で母が住んでいる千葉県九十九里(匝瑳市)に来ています。
大晦日の雨も夕方には上がり、元旦には九十九里浜で初日の出を見ることができました。

今年も良い年でありますように・・・
180101d.jpg

千葉県銚子市の犬吠埼は山頂や離島を除き日本で一番はやく初日の出を見ることができるスポットとして有名ですが大変混雑します。その点 銚子に隣接する九十九里浜は長くて交通の便も悪いので初日の出を見る穴場です。

▽続きを読む▽
2018/01/01 10:39|九十九里浜TB:0CM:0

2017年 大晦日

2017年も今日で終わりです。あっという間の1年でした。
この1年怪我も病気も無く、なにより無事故で無事に過ごすことができました。

職場のシフトの巡り会わせで今日から3連休がとれました、
ということで正月は千葉県の九十九里(匝瑳市)で家族と過ごしています。

sosa171231.jpg

夜から雨の予想でしたが、昼頃から降りだし、夕方には止んで今年最後の夕日を見ることができました。
明日は初日の出を見ることができるかな?
2017/12/31 22:11|九十九里浜TB:0CM:0

映画 『君の名は。』 にアマ無線機が登場! 

昨年夏に公開され予想外の大ヒットとなった映画 「君の名は。」 をいまさらながら鑑賞しました。
アニメ映画を観るのは 『崖の上のポニョ』 以来です。

Kiminonawa1.jpg

TV等のマスコミでさんざん話題になってましたが、
観る機会がなくあまり興味も無かったのですが半年経っても公開中という異例のロングランで、
千葉県匝瑳市に居る母親の家に行った際についに鑑賞しました。

こんな田舎で映画となると・・・銚子まで行かなくてはならないとか思ってネットで調べてみると・・・
隣町の旭市にあるサンモールというショッピングモールのなかにサンモールシネマという6スクリーンのシネコンがありました。
こんな田舎町にシネコンがあることに驚きましたが、娯楽が増えて嬉しくなりました。

SunMall_1701.jpg

さすがに爆発的ブームは一段落したようで70席の小さい部屋で細々とやってました。
このサンモールシネマですが都市部のシネコンとは造りが違うなと思いました。
座席数の少ないスクリーンでは横幅が小さくて座席の列が縦に多く並ぶ縦長の部屋が一般的ですが、
ここは最大310から最小67席の6スクリーンすべての部屋が横長なんです。
だから真ん中あたりの座席を指定したら画面が近すぎた。
まあ迫力あってそれはそれで良かったですけど、一番後ろでもイイかなと思いました。

SunMall_cinema03.jpg


映画の感想はあらためて書くとして、物語とは別に感激したのが
70年代のアマチュア無線機の名機であるトリオ(後のケンウッド)のTS-520が登場したことです。
それもリアルに描かれており何度も大写しされてました。
廃部となっているアマチュア無線部の部室にリグが残されている設定のようです。
現代の青春アニメ映画にアマ無線機が出てくるとは想像もしてなかったので、
自分自身も中学生時代にタイムスリップした感覚になりその場面だけで涙ものでした。

下の写真は私が中学時代に使っていた無線機で後継機のTS-520Vです。
TS-520V.jpg

映画では高校の放送室から行政無線を電波ジャックして町の人々に避難を呼びかける放送を流すというものでした。
放送機器のスイッチを入れるシーンはあったのですが、高校の放送設備は校内の有線でしょうから、どうやって行政無線に入り込んだのかは不明です。
TS-520を使ったという設定なんでしょうかね?
田舎の行政無線は起動用周波数さえ判れば簡単に乗っ取れると言ってテッシーがネットで重畳周波数とか検索してました。
行政無線は60MHz帯が一般的で、当然アマ無線とは周波数帯が違うのだが・・・
当時のアマ無線機はスプリアス発射といって2倍・・3倍の高調波が強く出てしまうという欠点がありました。
アマ無線のバンドが3.5MHz・・7MHz・・ 14MHz・・ 28MHz・・・と倍数になっているのはスプリアス発射でアマ以外の業務無線に妨害を与えないためだと言われています。
その欠点を利用して21MHz帯を使えば3倍高調波で本来は目的外である60MHz帯に電波を乗せることは可能です。
そこまでマニアックな設定なのでしょうか?
外伝によるとテッシーがラジオライフを愛読しているので電波ジャックなんてお手の物なのでしょう。

あと、シャープのパソコンX68000とかもありました。
シャープのパソコンならMZシリーズなら自分的にはバッチリなのだが・・。

それと、もうひとつマニアックだったのが・・・
軽自動車でダイハツのハイゼット・デッキバンが登場したことです。

▽続きを読む▽
2017/02/26 17:54|映画TB:0CM:0

2016年 大晦日

2016年も終わりです。あっという間の1年でした。
歳をとると本当に1年がはやく感じます。

今日も仕事で、正月は元日のみ休みです。
とにかく忙しい毎日でしたが・・・
なにより今年も無事故で終わることができたのが良かった
目標達成ということで・・・
高崎だるまに目を入れることができました。
daruma2016.jpg
来年も無事故と健康でありますように・・・
2016/12/31 22:56|日記TB:0CM:0

54年ぶり・・11月の初雪

昨日からの予報のとおり 朝起きたら雪が降ってました。
東京・横浜での11月の初雪は54年ぶりだとか・・・積雪となると観測史上初だとか・・・
初雪といえば小雪がチラつく程度のイメージなんだけど・・
今回は本格的な降雪です。

161124b2.jpg

芝生には既に薄化粧状態
161124b3.jpg

道路はシャーベット状態でまだ大丈夫だと思うけど・・・
今日は午後からの出勤で・・・深夜まで路線バスを運転します。
昨日はどこのタイヤショップも大混雑でした
しかし自分は冬タイヤに履き替える時間が無かったのでこのまま行きます。
でもこの通勤用のハイゼットは4WDなので少々の積雪はノーマルタイヤでも走ることができます。
今年は早めにスタッドレスタイヤに交換しましょうかね
161124b1.jpg
2016/11/24 10:30|日記TB:0CM:0

地域防災訓練参加

今日は休暇を取って地元笹野台小学校で開催された
毎年恒例の防災訓練に出展者として参加しました。
hijo-Kunren2016a.jpg
横浜市内の各防災拠点(避難場所)に設置されているデジタル防災無線と
(バックアップとしての)アマチュア無線の説明とデモ通信を行いました。
写真左のオレンジの幟がある所が無線通信担当です。

最近は日本全国で地震や水害等の大規模災害が多発しています。
関東も30年以内に高い確率で大地震が発生すると言われています・・・
日頃から物理的な準備に加えて心の準備もしておかないといけません。
2016/11/06 21:45|アマチュア無線TB:0CM:0

千鳥ケ淵戦没者墓苑に参拝してきました

chidorigafuchi_1.jpg
靖国神社に参拝したあと、千鳥ケ淵戦没者墓苑に参拝し献花してきました。
靖国神社のすぐ近くですが、こちらは閑散としてました。

chidorigafuchi_2.jpg
5月に開催された拝礼式で常陸宮同妃両殿下、安倍総理大臣らが参列したそうです。

国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑
2016/10/30 23:45|日記TB:0CM:0

靖国神社に参拝してきました

yasukuni2016a.jpg
今年も靖国神社に参拝してきました。
休日でしたので(観光目当ての方々で)けっこう賑わってました。
昨年と同様に(靖国についてよく知らないとか誤解している)職場の同僚も連れていきました。

yasukuni2016c.jpg
もちろん『遊就館』も見学しました。
展示内容をじっくり観るとたいていの方は理解していただけます。

yasukuni2016m.jpg
お土産は定番の靖国神社参拝記念饅頭と晋ちゃん饅頭を購入しました。
晋ちゃんまんじゅうは昨年までは安倍総理の地元である山口県限定商品として販売してましたが、
今年は定番商品になっているようでした。
2016/10/30 22:30|日記TB:0CM:0

松坂城(三重県松阪市)

MatsuzakaJo1.jpg

MatsuzakaJo3.jpg

松坂城   城データ
所 在 地:  三重県松阪市
城の形態:  平山城
築 城 年:  1588年(天正16)
築 城 者:  蒲生氏郷
文化財指定: 国指定史跡
遺  構:  石垣、天守台
別  称:  松阪城、琴浦城、尼丘城


▽続きを読む▽
2013/05/26 20:00|城郭探訪TB:0CM:0

美濃田大仏

三重県松阪市(旧美濃田町)にある美濃田大仏です。
城跡巡りの最中にたまたま見つけた城山らしきもの(赤城というらしい)
を見に行ったとき、すぐ隣の寺にあった大仏です。
小ぶりな大仏殿があります。
MinodaDaibutsu1.jpg
大仏殿の中に3mくらいの大仏がありました。
真楽寺の阿弥陀如来坐像というらしい。青銅製で1737年頃の作ということです。
大仏マニアには知られているのかもしれませんが、自分は初めて知りました。
奈良や鎌倉の大仏に比べると小ぶりですが、この地方では最大らしいです。
なかなかマニアックな雰囲気のある大仏でした。
大仏殿・大仏ともに修復が必要と思われます。
MinodaDaibutsu2.jpg
2013/05/25 21:00|史跡探訪TB:0CM:0

赤城(三重県・松阪市)

資料が少なくて詳細が不明な城址「赤城(あかじょう)」です。
場所は松阪市(旧美濃田町)にあります。
松阪城に行く途中に「阿坂城跡」の案内表示を見つけて・・・・
そこに行ってみようと向かっている途中に城山っぽく見える小高い山が見えたので・・・
もしかして戦国の城かも?・・・と思って立ち寄りました。

すぐ横の寺に「美濃田大仏」という ちょっと小ぶりな大仏((3mくらい)があり、
たまたまそこに居た住職にお話を伺いましたところ・・・
赤城という城があり石垣も残っているとのことでした。
AkaJo1.jpg
 
生い茂る竹林をかき分けて山に入っていくと石垣がありました。
AkaJo2.jpg
 
さらに奥に入って行くと本丸らしきものがありました。
AkaJo3.jpg


▽続きを読む▽
2013/05/25 20:00|城郭探訪TB:0CM:0

伊勢の安土城

伊勢の戦国時代村(伊勢安土桃山文化村)に行ってきました。
一番の目的は実寸大で再現された安土城を見学することです。
Ise-AduchiJo1.jpg
デザイン的にちょっとイメージと違う感じでしたが、やはり実物大は迫力がありました。
内部は資料館になっています。

6Fからの展望・・・
伊勢湾が一望できます。
Ise-AduchiJo2.jpg


▽続きを読む▽
2013/05/24 23:12|城郭探訪TB:0CM:0

シャレード・デトマソ廃車

昨年からNV350キャラバンと併用してましたけど、
ついにシャレード・デトマソを降りることにしました。
20年近く乗ったので愛着があり、
解体するのも可哀相なので九十九里の別荘に保管しておきます。
先週、最後のドライブとして房総半島を一周して匝瑳市の別荘に持っていきました。
599ナンバーを外して、展示用ナンバープレートを取り付けました。

そして本日 廃車手続きを完了しました。
将来復活できる可能性を残して 『一時抹消登録』 としました。

detomaso1303c.jpg
2013/03/29 11:30|自動車TB:0CM:1

桜満開

今年の桜は全国的に早咲きのようです。
横浜の桜も既に満開です。写真は三ツ境駅前に向かう野堺道路のものです。
ここ数年は多忙でお花見どころじゃないですけど・・・
のんびりお花見したいなぁ・・・とか思ってます
sakura1303.jpg
2013/03/22 22:30|三ツ境周辺TB:0CM:0

野手浜

デトマソ君を走らせて九十九里の野手浜に行ってみました
やはり九十九里浜はどこまで行っても広いなぁ
NodeHama1.jpg

でも、震災で破壊されたところがまだまだ多く残っています。

▽続きを読む▽
2013/03/04 21:48|九十九里浜TB:0CM:0

猫の日

今日2月22日は・・・
「にゃん にゃん にゃん」で【猫の日】だそうです
Neko1302a.jpg

ウチのヌーちゃんは19歳を過ぎました
いつも帰宅が深夜なので私の布団で寝てます。

▽続きを読む▽
2013/02/22 22:22|TB:0CM:0

綾瀬からの富士山

寒い朝でした。
神奈川県ではどこからも富士山が鮮明に見えました。
ここは通りすがりの綾瀬市(市民文化センター付近)から見えた富士山です。
Ayase-130217a.jpg
2013/02/17 23:15|日記TB:0CM:0

夕刻の九十九里

今日の外房は風が強くて気温も低かったです。
海の方からゴ~・・という轟音が聞こえるので夕刻に浜辺に行ってみると・・
けっこう荒れてました
99-130202a.jpg

ちょっと怖い感じですけど、房総らしい海でした。
99-130202b.jpg
2013/02/02 22:05|九十九里浜TB:0CM:0

九十九里浜

今朝は九十九里浜まで散歩に出かけました。
別荘から徒歩で5分くらいなんだけど・・・久々だなぁ
やっぱり浜も海も広いなあ
冬の九十九里はひっそりとして 夏の賑わいとは違った魅力があります。

ちなみに、ここは川辺浜という所です。
海水浴にしてもサーフスポットとしても(人が少なくて)穴場です。
kawabehama_1

kawabehama_2

九十九里といえばサーフィンのメッカでもありますが・・・
今日は一段と寒いから誰もいないかと思っていたら・・・
5人ほどのサーファーが元気に波に乗っていました。
Kawabehama_3
2013/01/04 15:00|九十九里浜TB:0CM:1

2013年

2013年になりました。
昨年は慌ただしい1年でしたが、なんとか元気に過ごせました。
今年は少しはゆとりが欲しいな・・・とか思っています。

年末年始も仕事でしたが、今日と明日は休暇がとれましたので、
家族で九十九里の別荘行き 正月気分をあじわいました。

初詣は八日市場の『八重垣神社』です。
元日はそこそこ賑わうらしいですが、
3日は誰もいませんでしたので、ゆっくり参拝することができました。
Yaegaki-Jinja2013

2013/01/03 18:19|日記TB:0CM:0

2012 初詣

今日は休暇が取れましたので初詣に行ってきました。
今年も地元(希望が丘)の『春ノ木神社』です。
住宅地の小さな神社ですから、
3日ともなれば並ばなくてもすぐに参拝することができました。

昨年は苦難の年でしたけど、何とか生活できていることのお礼と
今年の努力目標を誓ってきました。
とにかく気持ちだけでも前向きにいきましょう・・
harunoki2012

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします

2012/01/03 22:58|日記TB:0CM:0

2012 新年

2012年になりました。
年末年始も休みなく仕事しています。

昨年は東日本大震災で首都圏も鉄道・道路の不通や計画停電などで混乱し、
困った人々の役に立つべく過酷な勤務となりました。
個人的にも宮城県の親族が被災し、その支援に必死でした。

今年は転職3年目となります。
何事もまずは3年・・・と思っておりましたので、
これでなんとか定年まで続けられる自信も付いてきました。

今年は大事件や大災害が無く平穏に暮らせることを願っております。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします
2012/01/01 23:50|日記TB:0CM:0

カレンダー 

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.