FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

本佐倉城跡(千葉県酒々井町)

本佐倉城は下総守護千葉氏が千葉城から移転し文明年間(1469~1486)に将門山に築城し、天正十八年(1590)に豊臣秀吉に滅ぼされるまで千葉氏の居城でした。16世紀前半には城下町も整備され、本佐倉城は下総の政治・経済・軍事・文化の中心として栄えていました。千葉氏滅亡後は徳川家康の支配となり佐倉藩の藩庁が置かれました。元和元年(1615年)藩庁の佐倉城への移転と一国一城令により廃城となりました。
本佐倉城は7つの内郭と3つの外郭で構成されており、現在でも郭群、大規模な空堀・土塁などが良好に残っており、戦国時代当時の城郭の姿を見ることができます。平成10年(1998)に国指定史跡となり、発掘調査と保存整備が進められています。2017年に『続日本100名城』に指定された。

motosakurajo-01.jpg


motosakurajo-02.jpg

■本佐倉城  城データ
所 在 地: 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉
        千葉県佐倉市大佐倉
城 地 種 類: 連郭式平山城
築 城 年: 文明年間(1469年-1486年)頃
築 城 者: 千葉輔胤
主 要 城 主: 千葉氏、小笠原氏、土井氏
天守の形態: 無
文化財指定: 国指定史跡
遺   構: 曲輪、虎口、空堀、土塁
別   称: 将門山城
関 連 施 設: 本佐倉城跡案内所
そ の 他: 続日本100名城(121番)




東山番場前に無料駐車場があり、トイレや本佐倉城跡案内所もあります。
駐車場の裏山が城山で切岸が見事です。
向かいの東山自体が城山を守る防塁の役割を果たしているようです。
motosakurajo-03.jpg motosakurajo-04.jpg

東山虎口と塁上の展望スポット・・・
展望スポトから見える京成線付近が印旛沼の水際だったようです。
鉄道の撮影スポットにもなっているようで、この日も数名の鉄道ファンが撮影に来ていました。
motosakurajo-05.jpg motosakurajo-06.jpg


東山虎口から戻って、城内から見学することにしました。
motosakurajo-07.jpg


Ⅳ郭虎口・・・Ⅳ郭の名称についての伝承は無いそうです。発掘調査で塀や門の跡が発見されています。
motosakurajo-08.jpg motosakurajo-09.jpg


城山と奥ノ山を分ける大堀切・・・木戸跡が見つかっています
motosakurajo-10.jpg motosakurajo-11.jpg


城山通路
motosakurajo-13.jpg motosakurajo-14.jpg


城山虎口
motosakurajo-21.jpg motosakurajo-22.jpg


城山・・・発掘調査により主郭である城山では主殿や会所と推測される大型の掘立柱建物跡、櫓跡、門跡、塀跡、庭園跡などが見つかっています。
motosakurajo-28.jpg motosakurajo-25.jpg

城山から東山番場の駐車場が見下ろせます
motosakurajo-26.jpg motosakurajo-29.jpg


奥ノ山・・・千葉氏の氏神である妙見様を祀る郭で儀式・儀礼のための場所と思われます。
妙見宮跡と思われる基壇が見つかっています。
motosakurajo-31_20210502221314081.jpg motosakurajo-32_20210502221315ac5.jpg

motosakurajo-33_202105022213175e4.jpg motosakurajo-34_20210502221318596.jpg

倉跡・・・場内で最も大きな郭で大型の掘立柱建物跡が複数見つかっています。倉庫群と思われます。
motosakurajo-36_202105022213201db.jpg


妙見神社・・・もともと奥ノ山の妙見宮跡に建っていたものが麓に移転されたものです。
妙見様は千葉氏の守護神で千葉氏の城にはほとんど存在します。
motosakurajo-41.jpg motosakurajo-42.jpg


中池・・・現在は田圃ですが、この場所は中池と呼ばれる池と弁天様が祭られている中島がありました。
弁天様は向根古谷の館の脇に移転されています。
motosakurajo-47.jpg motosakurajo-44.jpg


向根古谷の館とその前に掲示されている本佐倉城全体図
motosakurajo-43.jpg motosakurajo-45.jpg


motosakurajo-43b motosakurajo-43c

向根古谷から見た本佐倉城
motosakurajo-46.jpg


水の手・・・城の水源の一つだったようです。
現在はくぼ地になっているらしいですが、草木が生い茂って確認することはできませんでした。
水神様が祀られていましたのでこの付近なのだと思います。
motosakurajo-51.jpg motosakurajo-52.jpg


セッテイ山の見学は要注意!
これより先 セッテイ山方面の散策路は倒木が多くて通行が困難でした。
令和2年の台風による多数の倒木の撤去が進んでおらず、道が塞がっている箇所が多くありました。雨の後は滑りやすい場所もあり、雑草で散策路が不明で迷いやすい箇所もあり注意が必要です。加えて夏場はマムシの危険もありますので、服装や靴は十分に検討していく必要があります。
motosakurajo-53.jpg


セッテイ空堀・・・竹が生い茂って見え難いですが、本佐倉城最大規模の空堀です。高低差は最大16mあります。
motosakurajo-55.jpg motosakurajo-56.jpg


セッテイ虎口・・・セッテイ山は発掘はされていませんが確認調査で建物跡などが発見されています。
名称や堀の厳重さから接待館郭または人質曲輪と推測されています。
motosakurajo-57.jpg motosakurajo-58.jpg

金明竹の小径・・・金明竹は真竹の一種で節と節の間に緑と黄色が縞模様になっているもので、このあたりだけに群生しているそうです。
motosakurajo-59.jpg motosakurajo-60.jpg


セッテイ空堀の堀底道・・・倉跡とセッテイ山を分ける空堀で高低差は約10mあります。
motosakurajo-61.jpg motosakurajo-62.jpg


南奥虎口
motosakurajo-63.jpg motosakurajo-64.jpg


東光寺ビョウ
motosakurajo-65.jpg motosakurajo-66.jpg

東山虎口から東山番場方面に入ります
motosakurajo-67.jpg motosakurajo-68.jpg

東山番場跡の駐車場に戻ってきました。
約2時間の散策コースでした。
motosakurajo-70.jpg


本佐倉城に来たのは35年ぶりで、前回は雑木林をかき分けて入った想い出がありますが、現在は国指定史跡になったことや平成15年からの発掘調査で全貌が明らかになり保存整備が進んでいました。
首都圏にある戦国時代の平山城でこれほど当時の姿で残っているのは珍しいです。佐倉城に城下町ごと移転したことで、本城が都市開発されることなく放置されていたのが幸いでした。
今はお城巡りブームで続100名城に指定されたこともあり、天守の無いお城としては訪れる人が多いようです。
なお続100名城スタンプは駐車場脇にある案内所のトイレ前にあり、案内所開館時間外でも24時間押印可能です。
駐車場までの道が狭いですが小型車であれば通行可能です。
関連記事
2021/05/01 20:15|城郭探訪TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/698-bb7366aa

カレンダー 

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.