FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

大船渡 『かもめの玉子』 復活!

岩手県の大船渡も東日本大震災の大津波で大きな被害を受けました。
そのなかで銘菓『かもめの玉子』が復活したそうなのでネットで購入してみました。
kamome1.jpg

殻の部分はホワイトチョコレートで本物の卵そっくりです。
大きさはニワトリの卵くらいです。
ミニサイズもあるので、大きさ的にはそちらのほうがカモメのたまごに近いのかな?
甘さは抑えてあるので美味しいかったです。
kamome2.jpg



『かもめの玉子』は岩手を代表するような銘菓らしいのですが、私は今まで全然知らなかったのです。
今回の大震災では東北各地を襲った大津波の映像が数多く残されています。
その中で大船渡の津波映像が心に残っていたのです。
わずか数分で市街地が壊滅してしまったのですが、そこに可愛いカモメのイラストに『かもめの玉子』と書かれた黄色い看板が目についたのです。
カモメの玉子が何なのか知りませんでしたが、おそらく地元の名産として築き上げられてきたものであろうことは容易に想像できました。
周囲の木造家屋はあっという間に津波に流され、カモメの看板と社屋も津波に呑み込まれていく姿が哀しかったのです。

私の父の故郷(東松島市)も被災し、実家や親族が居る集落は壊滅しました。
奥松島の名産として牡蠣や海苔を養殖生産していた親族は
家屋、養殖施設、工場、船・・・全てを失い生活再建の目処もありません。
そんな悲しい気持ちが重なり、カモメの玉子の看板が沈んでいく姿に涙が出てきたのです。

Saito-Seika1.jpg Saito-Seika2.jpg

鉄筋コンクリートの建物だけは残ったようですが・・・
屋上まで達する濁流で内部は壊滅状態のようです。
Saito-Seika3.jpg
ネットで調べてみたら・・・
工場は別の場所にあったようで、
最近製造販売を再開したそうなので、早速ネットで購入した次第です。

★さいとう製菓 HP

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします
関連記事
2011/09/18 23:41|日記TB:1CM:1

コメント

初めまして、先日松島の観光船に乗ったときに、名物のお土産と聞き、買って帰りました。子供達にも好評で、おいしかったです!
まだまだ、震災の爪痕が痛々しい松島市でしたが、完全復興に向けて頑張って頂きたいと思います。
壊れたラジオ! #SjLZTTiM|2011/11/02(水) 10:18 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
おいしいチョコレートにはおいしい歴史がある・・・
ちょっと疲れたとき、気分転換したいとき、ふとチョコレートを食べたくなることがありますよね。チョコの中に含まれる砂糖、カカオ、ミルク、香り等さまざまに組み合わさって、疲れた気持ちをいやします。
チョコレートなるほどこぼれ話 2011/09/21(水) 07:33

トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/472-56cded90

カレンダー 

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.