FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

ホテルで一酸化炭素中毒/山口県秋芳町

2日 『山口秋芳プラザホテル』 で一酸化炭素中毒事故がありました。
修学旅行で宿泊中だった大阪府高槻市の小学校児童や教師ら22名が病院へ運ばれ、同行していたカメラマン(26)が死亡しました。

修学旅行の残りの行程は中止となり帰ることになったとか。
一生の想い出になるはずの修学旅行が台無しです。
こんなことで突然26歳で命を落としたカメラマンも気の毒です。

一酸化炭素って無色無臭で自覚症状が出た時には手遅れですから非常に怖いです。
火事現場なら予想できますけど、ホテルの部屋では注意のしようがありません。
専門家が提唱しているように宿泊施設ではCO探知機の設置を義務付けるべきですね。

後の調査で色々指摘されてますが、このホテルの管理体制がずさんすぎます。
古いボイラーと新しいボイラーの2つがあって、新しい方は無届けで違反状態で、
古い方は不完全燃焼が多くて撤去されたはずなのに何故か設置してあったという。
それで、当日使用されていたのが古いボイラーだったとか・・。
さらに煙突にふたがあり、このふたが不完全燃焼や逆流の原因の可能性が高いとか・・。
これらの設備の設置過程や使用状況について社長は最近会社を引き継いだから経緯は知らないとか言っているようです。

こんなずさんな設備のホテルって他にもたくさんあるんじゃないかな?
客がボイラー等の設備まで調べて宿泊するわけにいきませんから困ったものです。
修学旅行のトラブルもあとになれば話しのネタとして想い出になる場合もあるけど、死亡事故じゃあ忘れもしないし思い出したくもないですよね。


私の小学校の修学旅行といえばもう30年以上前になります。
一泊二日で、行き先は定番の奈良・京都でした。
初日にちょっとしたトラブルがありました。
新幹線で最寄り駅(新大阪か京都かちょっと忘れた)に着いて・・・
貸切バス(ヤ○カ観光)に乗り込んで・・・さあ出発と思った瞬間・・・
隣の他社のバスと同時に発車して前部がゴツン・・・
接触程度だったのだが、前輪が破損して走行不能に・・。

代替バスが来るまで我々のクラスは10人ずつ他クラスのバスに分乗するハメになりました。
2人掛けの席に3人座ったりと窮屈でした。
午後から代わりのバスが来たのだが、10月の観光シーズンでもあり20数人乗りの小型バスしか用意できず、そこに女子だけ乗って、男子は引き続き他クラスのバスに分乗ということになりました。

二条城、金閣寺、平等院、清水寺、奈良の大仏・・・
定番の名所はほとんど回ったので忙しかった印象しか残ってません。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします

関連記事
2009/06/05 23:00|日記TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/383-ea4850ac

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.