FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

『安土城をつくる』 創刊号買っちゃいました!

090131Na.jpgテレビCMで頻繁に流れている「週刊・安土城をつくる」を買ってみました。
これはデアゴスティーニから発売されているパーツ付きクラフトマガジンで、全巻そろえると安土城の木製精密模型が完成します。

歴史好きの自分としては興味があります。
以前の「戦艦大和を作る」も検討しましたが、時間も置き場もなくて断念しました。
今回は幻の安土城ときたら 心を揺さぶります。

創刊号はお試し価格で590円と買い易くしています。でも2号以降の定価は1490円というけっこうな価格です。週刊ですから、月6000円にもなります。それになんと完成までは 【110号予定】 だそうです。ということは完成まで2年以上かかるし、総額は17万円にもなります。
それに・・・「予定は未定」 というのが世間の常識ですから、たぶん120号くらいに増えるんじゃないかと思います。専用バインダー6冊で120冊収納可能ですし・・。

ちょっと考えちゃいますね。
価格もだけど、作る時間もないし・・・。
せめて1年くらいにしてほしいなぁ。
とりあえず、毎週買って・・・老後の楽しみに保管しておきましょうかね。


090131Nb.jpg中にパーツが入っています。パーツの多くが木製ですから、質感も期待できそうです。創刊号にはDVDが付属しており、そこに今回の模型と安土城の概要が解説入りで収録されています。
冊子は薄いですけど、110巻ともなれば そこそこの情報量になるでしょう。別売りの特製バインダー(20冊収納)も発売されています。

それにしても 『110号で完結予定』 という最重要情報が中の冊子の一箇所に小さく書いてあるだけで、パッケージや広告にはどこにも書いてません。買った後に愕然とした人も多かったのではないでしょうか。とりあえず創刊号を買わす・・という商法は上手いけど、ちょっと問題ありだと思う。


090131Nc.jpg←これは20年ほど前に作った安土城のプラモデルです。大きさは15cm四方くらいです。
お城シリーズのプラモデルも殆ど購入してますが、組み立てたのは安土城と小田原城だけです。

今度のクラフトマガジンは[1/90]スケールで、完成すれば約60cm四方になります。
そんな置き場もないけど・・・
とりあえず次号も買ってみたいと思う。
途中で頓挫する人が多いと思いますけど・・・

★『安土城をつくる』 専用サイト

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします

関連記事
2009/01/31 02:50|城郭探訪TB:0CM:1

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2009/02/01(日) 04:20 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/355-c73e60a1

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.