FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

義士祭/泉岳寺

東京高輪の泉岳寺に行ってきました。
12月14日は忠臣蔵でお馴染みの討ち入り記念日で、泉岳寺では義士祭が開催されます。
今日は仕事だったんですけど、午後から中国からの来賓の方を泉岳寺に案内してほしいと頼まれたので(仕方なく?)出かけました。外国の方々も忠臣蔵などの歴史物には興味があるらしい。
泉岳寺を訪れるのは25年ぶりかな。

↓泉岳寺駅から泉岳寺中門までの様子・・・
日曜日と重なり、午前中の雨も上がったことで大変な人出でした。
知名度は大きい寺ですが、物理的には小さい寺です。
ここは普段でも修学旅行などの観光バスが頻繁にやってきます。
中門前の狭いスペースではバスが転回するのにも苦労します。

義士祭の日は中門前は車両通行止めで、露店も出て人でいっぱいです。
複数の団体が義士に扮して行列を再現したりしていました。
揃いの衣装も陣太鼓も創作なんですけどね。
081214Na.jpg 081214Nf.jpg

忠臣蔵というのは元禄赤穂事件を基にした創作劇なのですが・・・
武士の忠義にテーマを変えて 人形浄瑠璃、歌舞伎、芝居、映画、TVドラマ・・と数え切れないほど物語が創られ、善玉と悪玉という脚色した構図に全国民の多くが感化されて、あたかも事実であったかのような錯覚に陥っているようです。
歴史物に脚色があるのは常ですが、忠臣蔵ではその善と悪が逆になっているから始末が悪いのです。本当に無念だったのは吉良さんの方でしょう。


081214Nb.jpg山門前・・・
墓所方面から流れてくる線香の煙で霞んでました。


↓本堂
081214Nc.jpg 081214Nq.jpg


081214Ne.jpg墓碑への行列・・・
一時間待ちということで・・・
この後の予定もあるので、ここは断念


それにしても凄い人混みです。てゆうか日本人ってこういうの好きだよねぇ
年末になるとテレビで忠臣蔵・・・関係各地では義士祭で盛り上がる
刀傷事件と討ち入りという事実から様々な憶測で物語が発展したようですが、事に至った経緯は当事者じゃないと分かりませんよね。ハッキリ分かっているのは忠臣蔵は創作であり、赤穂事件という史実とは全くの別物だということです。。

浅野内匠頭と吉良上野介・・・事前の両者の評判は、吉良は領民に慕われる名君でありました。一方の浅野は良い評判はあまり聞かれず、“かんしゃく持ち”とも言われていたらしく、短気な暴君というイメージだったようです。
私が思うに、作法知らずの若殿(浅野)に仕事熱心な吉良が苦言を呈したら、逆切れして刀傷事件に及んだ・・といったところでしょう。
事の重大性から浅野が切腹処分になるのも、反撃しなかった吉良がお咎めなしだったのも当然でしょう(喧嘩じゃありませんから 両成敗にすべき・・という意見は見当違いです)。後の赤穂藩の処遇も当たり前です。

悪いのは浅野なのに、被害者である吉良が悪者扱いされるのはどう考えても理解不能です。それに赤穂浪士の討ち入りなんて仇討ちじゃなくて、逆恨みによるテロですよね。そのテロリストたちを現在に至るまで英雄視してお祭り騒ぎするなんて可笑しいですよ・・・なんて高校生時代から思ってます。
時代劇の必殺シリーズのように悪人を最後に征伐して気分がスカっとする感覚と同じで、庶民受けする物語に創られたのでしょうけど、実在する人物で描かれているので、本当に吉良様に同情しますよ。赤穂浪士を参るのもけっこうですが、吉良さんの墓参もしていただきたいと思います。

まあ歴史ってのは観方によって善悪が180度変わるのも常です。自分的には善悪よりも事実に興味があります。この赤穂事件だって、赤穂義士たちも自分とこの殿に非があったことは分かっていたはずで、なのに討ち入りせざるを得なくなった経緯が最大の焦点でしょう。単なる逆恨みか赤穂の内部紛争か、(政権抗争が背景の)誰かの陰謀か、世論の(討入り)期待が高まって後に引けなくなったのか・・・そのあたりの追求が不十分ですよね。

★関連記事: 義士祭(続き)・・・泉岳寺&母校

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします
関連記事
2008/12/14 23:30|日記TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/345-e487501d

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.