FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

3気筒エンジンのシャレードは存在しない?

ネット検索してて偶然見つけたんだけど・・・
「3気筒エンジンを積んだシャレードは存在しない」と言っているサイトがありました。
もう5年以上更新されず放置されているのでそのうち消滅すると思いますが・・。
そのサイトはこちら

森博嗣氏の小説に登場する車を紹介しているコーナーで、シャレードのエンジンルームを見て「3気筒なんだ・・」という場面を紹介しています。
そこで、最終モデルである4代目(G200系)シャレードのデータを引き出して・・シャレードのエンジンはすべて4気筒であり、3気筒のシャレードは存在しないと言っています。
森博嗣氏がシャレードを軽自動車だと勘違いしたのだろうと結論付けています。

もちろん3気筒のシャレードは存在しますし、私も乗ってました。
そもそもシャレードの最大の特徴が3気筒1リッターエンジンです。
世界で最初に車に3気筒エンジンを搭載したのがシャレードです。(当時の軽自動車は2気筒)
シャレードは3気筒エンジンの元祖ですね。
ということで、森博嗣先生の方が正しいわけです。


その小説は 『封印再度』 というものです。
図書室に文庫本があったので、ちょっと読んでみました。
シャレードの描写から “安価な中古の大衆車” のようなイメージが読み取れました。

シャレードは最終モデルである4代目はすべて4気筒ですが、
小説の文面から推測すると、たぶん2代目か良くても3代目のシャレードと思われます。
2代目まではすべて3気筒で、3代目の一部グレードで4気筒が登場しますが、メインは3気筒でした。

まあ そのサイトの管理人さんは大学生(記事を書いた当時)のようですから、シャレードなんか知らないのも当然でしょう。
3気筒=軽自動車と思い込んでしまうのも無理はないと思います。
3気筒エンジンが普及するきっかけになったのがシャレードで、
画期的な車だったのですけど・・・世間一般の知名度は低いよね。

cb70.jpg私が以前乗っていたシャレード(GT-XX)のエンジン
3気筒1Lツインカムターボ・・一目見れば3気筒だと分かります。
【CB-70】
水冷4サイクル直列3気筒DOHC 993cc
最大出力 105ps/6500rpm,
最大トルク 13.3kg-m/3500rpm



cb36.jpg小説『封印再度』に登場するシャレードのエンジンはこのキャブレタータイプだと思う。

【CB-36】
水冷4サイクル直列3気筒OHC 993cc 電子制御キャブ
最大出力 50ps/5600rpm,
最大トルク 7.6kg-m/3200rpm


他に3気筒1リッターのディーゼルエンジンもありましたね。
これは世界最小のディーゼルエンジンでした。
とにかく シャレードは基本的に3気筒ということです。
4気筒のシャレードは邪道なのです。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします

関連記事
2008/10/12 23:45|自動車TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/339-3344f892

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.