FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

北京オリンピック開会式

北京オリンピックの開会式をTVで観てました。

感想は・・・・
とにかく長い・・長すぎる!

お金かかってるとか・・規模が大きいとかは解るけど、
選手入場前の出し物が 1時間10分・・・
長くても 30分までだよね。
そして選手入場は 2時間超・・・
メインの聖火がともるまで 4時間10分 もかかるとは予想できませんでした。
なんだか同じようなことばかりダラダラと・・。
選手入場も今回は204の国・地域という多さなのに、
行進速度がチンタラと遅いし・・・。
カメラワーク下手すぎるし・・。
NHKの実況解説も間違いと訂正の繰り返しで聞き苦しいし・・。
見るほうもダレちゃいますよね。

じゃあ見なきゃイイじゃん・・とか思うかもしれないけど、
最後(聖火)でサプライズがあるらしいとか言われてましたから、
物好きな性格ですから見届けないと気がすまないのです。

で、最後の聖火ランナーは・・誰?・・って感じで
(中国国内では体操王子とか言われてる英雄らしい)
その点火方法も期待が大きすぎたから、
感激度は 「普通・・」 って感じかな。

まあ全体的には綺麗でしたけど、長すぎるのはダメ!
いくらなんでも 4時間超は酷いよ!
盛大なパフォーマンスを見せたい気持ちはわかりますが、
世界中の選手や視聴者の立場も考えないといけませんよね。
中国らしい(自己中)開会式ではありましたけど。
視聴者の立場からすると、
友人の家に行って延々と結婚式のビデオを見さされる感じかな。

とにかく北京五輪が開幕しました。すでに始まっている競技もあります
みんな ガンバレ!加油!



選手入場も時代が変わりましたよね。
東京オリンピック(自分は生まれてませんが)の映像を見ると、
特に日本選手団は軍隊のように一糸乱れぬ行進でした。
スポーツ競技では開会式などの式典も重要だから、
入場行進はビシッとやるべきと自分的には想っているのだが、
時代が変わればそんな考えも“古臭い”ということになるのでしょう。

とにかく最近の五輪の入場行進は ゆるい!
列はバラバラでお喋り、ビデオやカメラで記念撮影・・
今回は多くの国の選手が携帯電話してましたよね。
友人や家族に「映ってる?」・・とか言ってるのでしょう。
今はそういう緩やかな時代なんでしょうね。

まずは開会式が無事に終わって良かったと思う。
あとは少々強引な警備をしても見かけ上 成功に終わればよいわけです。
マスコミは大気汚染とかテロを期待しているような雰囲気を感じますけどね。

中国が五輪を契機に真の発展を遂げるかもしれませんし、
国民の民度が少しでも高くなることを期待したいと思います。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします
関連記事
2008/08/09 01:45|日記TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/326-5145f00d

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.