FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

教員採用はコネとカネ!

大分県の教員採用の不正問題が連日報道されてます。
ニュースやワイドショーでもキャスターやコメンテーターが
「信じられない」とか「呆れてものが言えない」・・とか言ってますよね。
そんなこと言う自体が信じられません。
こんなこと遥か昔から慣習として行われていたことで、なにを今さら・・という感じです。
マスコミが知らなかったとも思えません。
役人や政治家が絡むことなので、暗黙の了解で追求しなかっただけでしょう。
地域により大小の差はあれ、やってない所の方が珍しいでしょう。

一般に、都市部や政令指定都市では一次試験段階での不正はやりにくくなってます。
二次試験以降は採用側の主観ですから どーでもなります。
地方では特定の人物に権限が集中するので、それが不正の元凶になっているのでしょう。

戦後の教員不足の時期はともかく、
少なくとも30年ほど前からコネ採用は当たり前のように言われてました。
市販の教員採用試験の対策本にもコネの重要性が記載されてます。
校長や教委などに知り合いがいない場合は県会議員に依頼するのが有効だと指南しています。
依頼する場合の袖の下(金)は新任教師の一年分の給与(200万)が相場だと書かれています。

今回の大分県でも一人当たり200万円だったそうで、
この相場は全国共通で、20年前と同じなんだ・・・と妙に納得した次第です。
今は政治家など色々なルートで巧妙に根回しが行われているようですが、
大分県は(コネ採用分を)名簿に印をつけて、採点を操作するという古典的な手口でした。
大分県は30年前のやりかたを続けていたので、ヤリ玉にあがったのでしょう。
基本的にコネがある人はその人脈を使い(礼金は適当に贈る)、コネが無い人が政治家等に金で依頼するものと思っていたが、大分の場合はコネとカネの両方必要だったのですね。地域それぞれ独自の慣習があるのでしょう。


私も教育学部を出たものの、コネもカネもないわけで・・・
都市部だから努力すれば合格(候補者名簿掲載)までは可能ですが・・
現職教員の中途退職や死亡もあるので、候補者は採用予定者より多いのが普通です。その名簿の中からどういう順番で採用するかは明確な基準はなく教委の裁量です。
頭が優秀でスポーツも国体選手なみに万能というスーパーマンのような人物なら実力で採用されると思いますが、並みの人物ではコネがものをいう世界なのです。
現在の教育現場は頭でっかちで世間知らずか、コネ採用の学力不足で人間的にも劣る人物が大半を占めてます。臨時採用の講師のほうが学力、人物ともに優れているケースが多々あります。

たいていの人は5~6回試験を受けて、
20代後半になれば諦めて民間に就職するか、
中高だと一年契約の講師として一生苦労するか選択することになります。
いったん講師になれば、試験勉強する時間がありませんから、本採用は難しくなります。

私の場合は20代の頃は臨時採用(サンキュー先生)ばかりでした。
産休や病欠の穴埋めで行くので数ヶ月から半年で終わりです。
30歳を過ぎて非常勤講師を複数校掛け持ちでやったこともあります。
その後は激務の定時制で格闘しています。

臨時採用だと期間が終われば、また民間の就職先を探すことになります。
再就職も今の時代は正社員採用は難しいわけで、日給や時間給の非正規雇用になるのです。
それで、また突然臨時教員の依頼が来たら民間を退職する・・・その繰り返しです。
それでも諦めきれず、年齢制限に達するまで採用試験を受け続ける者もおります。
正規のルートではいくら努力しても無駄です。
無駄だということに いつ気が付くかという問題なのです。
色々と情報収集もしているでしょうから、30歳近くになれば普通は気が付くと思いますけどね。

情熱を持って教師になりたい人がいくら努力してもなれない・・一方でコネのある人は何の努力をしなくてもあっさり採用されるわけです。コネ採用に限って教育などに関心がない場合が多いのです。(地方)公務員だから、給与もそこそこで生活も安定して老後も楽かな?・・・じゃあ教師にでもなるか・・そんな “でもしか先生” がけっこうな割合で存在するのです。

教員採用では悪しき慣習が続いているわけで、正直者がバカをみる世界です。
何事も不正が許されない風潮になってきてますから、採用方法の抜本改革が必要ですね。
地域によっては教員希望者を1年間現場実習して学ぶ教師塾のような制度もあるようで、今後はそういった試みで有能な人物を発掘するのもいいと思います。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします
関連記事
2008/07/10 02:12|日記TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/316-1d801d03

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.