FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

中型限定解除で運転できる車

8トン限定中型免許(旧普通自動車免許)は、指定自動車教習所で5時間以上の教習を受けて、限定解除の審査に合格すれば中型免許に昇格します。(免許試験場でも審査可能)
限定解除審査に使用する中型免許試験車は以前の大型免許試験車と同じなので、技能レベルは以前の大型免許と同等だと思います。

限定解除することで・・・
【車両総重量11t未満、最大積載量6.5t未満、乗車定員29人以下】
・・・の車が運転できるようになります。

ただし、限定解除すると「8t限定中型免許」という既得権を放棄することになります。
中型免許の適正検査(視力)の基準は大型免許と同じで、深視力検査も必須となります。将来(視力低下で)更新時の適性検査に不合格となった場合、8t限定に戻ることはできず、一気に新普通免許に格下げになります。8t限定中型の適正検査基準は従来どおりで、新普通免許と同じです。

限定解除することで新たに運転可能になる車種は限られていますので、自分に必要かどうか慎重に検討してください。

中型免許の範囲で 8t限定中型を超える部分を特定中型とも言います。
従来の大型から中型に移行した部分です。
この「特定中型」が「8t限定中型」を限定解除することで新たに運転できる範囲に該当します。

特定中型
●車両総重量: 8t以上 11t未満
●最大積載量: 5t以上 6.5t未満
●乗車定員: 11人以上 29人以下


特定中型にはどのような車があるか紹介します。


■6t トラック
ISUZU_Forward-6ton.jpgISUZU FORWARD Fカーゴ ウィング
全長:8615mm、全幅:2320mm、高:3575mm
車両重量:5035kg、最大積載量:5800kg
乗車定員:2人、車両総重量:10945kg


特定中型トラックに該当するのは積載6トン車のみです。これは殆ど需要が無いトラックです。なぜなら、大きさ(積める容量)は4トン車と同じなのに、従来は大型免許が必要だったからです。重量物を運ぶのであれば、同じ大きさで積載8トン車を選択すると思います。平ボディでは自動車学校の中型教習車(以前は大型教習車)として利用されています。中型免許で運転可能になったからといって、現時点で限定解除してまで必要な車種とも思えません。
現在主流の4tトラックに荷物を満載すれば過積載になる場合が多く、本当は6t車の導入が好ましいのですが、(免許区分で)運転手の確保が難しいので、少々積載オーバーでも4tトラックを使用しているのが実情です。
「8t限定中型免許」所持者が現役引退して、トラックドライバーの大半が中型免許所持という状況になれば6tトラックが主流になると思います。20年くらい先の話しだと思いますが・・。



■中型ミキサー車
mixer-gvw11.jpgISUZU FORWARD Mixer (GVW11トン)
全長:6240mm、全幅:2200mm、高:3130mm
車両重量:4725kg、最大積載量:5480kg
乗車定員:2人、車両総重量:10315kg


新中型免許に対応する総重量11t に合わせて発売されました。
このような業務用特殊車両は4tトラックがベースでも車体が重いので、従来は減トンして総重量8t未満にしていました。タンクローリや集塵車なども今後は中型免許に対応した車種が登場すると思います。ただ、小型と大型の中間的な特殊車両は元々需要があまりないので、どれほど普及するかわかりません。運送業に使う車両ではないので、中型免許所持の運転手確保が課題になると思います。



■定員11~29人の乗用車
HIACE.jpgTOYOTA HIACE COMMUTER
全長:5380mm、全幅:1880mm、高:2285mm
乗車定員:15人、
車両重量:2060kg、車両総重量:2885kg


限定解除することの最大のメリットは定員11人~29人の乗用車や小型バスが運転できるようになることです。従来は小さなワゴン車でも定員11人以上で大型免許が必要でした。
旅客輸送業務に使用するには中型二種免許が必要ですが、自家用車にしたり、仲間や自社社員の送迎に使うのであれば中型一種免許でOKです。



■小型バス
Liesse.jpgHINO LIESSE Super Touring
全長:6990mm、全幅:2080mm、高:2820mm
乗車定員:25人(座席19+立席5+乗務員1)
車両重量:5110kg、車両総重量:6485kg


Rosa.jpgMitsubishi FUSO ROSA
全長:6990mm、全幅:2060mm、高:2645mm
乗車定員:29人(座席28+立席0+乗務員1)
車両重量:3870kg、車両総重量:5465kg


このような観光用の小型バスや一般にマイクロバスと呼ばれるような送迎用のバスも定員29人以下であれば運転することができます(旅客輸送業務の場合は中型二種免許が必要)。
野球やサッカーなどの監督・コーチが部員を送迎するためには重宝する免許だと思います。
小型バスを所有しているタクシー会社も多いので、タクシー運転手が(8t限定中型二種を)限定解除することで仕事の幅が増えることもあります。


■中型バスはNG?
ERGA_mio.jpgISUZU ERGA mio
全長:8990mm、全幅:2300mm、高:2980mm
乗車定員:59人(座席27+立席31+乗務員1)
車両重量:7920kg、車両総重量:11165kg

写真のバスは中型二種の技能試験車両としてよく使用されているものと同じサイズですが・・・定員が30人超なので中型免許では運転できません。(試験車両は定員を29人以下に変更して中型の範囲にしています)
全長9mクラスのバスはサイズ的には中型といえなくもありませんが、定員が30人超のものが殆どで、立席の無い観光バス仕様でも定員30人以上が殆どなので大型のカテゴリになります。路線バス仕様ではさらに小型の7mクラスの車両でも定員30人を超えます。
定員29人以下に変更して検査を受ければ中型免許の範囲になります。しかし、業務用に使うのであれば、できるだけ多くの人を乗せたいでしょうから、定員減は現実的ではありません。自家用車として使うのであれば可能でしょう。また、キャンピングカー(定員29人以下で総重量11t未満)に改造すれば中型免許でOKです。


ということで、トラックでは現時点では殆ど需要がありません。
やはり、限定解除する最大のメリットは乗車定員でしょう。
送迎バスを運転するというような具体的な目的がある人以外は必要性が無いと思います。

既に述べたように、限定解除すると、「8t限定中型」という既得権を放棄したことになります。この8t限定中型は旧普通免許の既得権保護が目的の特例措置ですから、一度放棄すると新規に取得することはできません。よって視力等の適性検査が基準に達しないと、基準に達する免許(普通など)に格下げとなりますのでご注意下さい。

<参考>
●中型(8t限定)、普通免許の視力の基準・・・
両眼で0.7以上、かつ、一眼がそれぞれ0.3以上、又は一眼の視力が0.3に満たない、もしくは一眼が見えない方は他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上。

●中型免許、大型免許及びけん引免許、第二種免許の視力 の基準・・・
両眼で0.8以上、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上、さらに、深視力として、三桿(サンカン)法の奥行知覚検査器により、3回検査した平均誤差が2センチ以下。


★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします
関連記事
2008/06/26 01:45|自動車TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/311-ad9bb258

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.