FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

愚かな聖火リレー

北京オリンピックの聖火リレーが世界を廻っていますが・・・
行く先々で抗議、怒号・・・観衆を避けての極秘の聖火移動・・・
こんな聖火リレーって意味があるのか?
やればやるほど中国の実態と愚かさを世界中に宣伝することになりますね。

よくオリンピックは平和の祭典だから政治とは別問題とかいわれますよね。
でも別じゃないよね。
聖火リレーだって政治的背景で始まったわけだから・・

長野にもやってきましたね。

組織動員した中国人留学生らの中国国旗で長野の街を真っ赤に染めてました。
ここは日本なのに・・・あまりの無礼さにあきれました。

中国の国威発揚の為だけの五輪のようです。
まあそういう国家であり国民性だからどうしようもありませんね。
言論の自由も人権もない国で間違った教育を受けているのだから・・・
履き違えた愛国心から国旗を振りかざしている姿を見ると哀れに想いました。


でもいくらおかしな教育を受けてきたとはいえ、
よその国での活動の良し悪しくらいは人間として分かると思いますけど・・。
あの中国人らの振る舞いを見ただけで、
チベット等の少数民族の人々が耐え難い屈辱を受けていることは容易に想像できます。
まだオリンピックを開催する資格はなかったのです。 50年は早かったと思う。
オリンピックの歴史に汚点を残してしまいました。

国土は広いですけど、国家として人間としての度量はどんどん小さくなっています。
中国って精神的にも器の大きい国じゃなかったのかな?

自分は中国にあこがれていたんですけどね。
高校時代は日中友好の架け橋になりたい・・・なんて本気で思ってました。
それで大学では中国哲文学を学び、同時に専門学校で中国語を学んでました。
その頃 ソニーのウォークマン(携帯型カセットプレーヤー)が流行っており、
多くの若者が電車の中で音楽カセットを聞いていました。
そんな時、私はウォークマンで中国語会話のカセットを常に聴いてました。
念願の長期中国留学も経験し、日常会話もこなせるようになったのに・・・。

経済発展するにつれて、
国家にしても民族にしても どんどん度量が小さくなっていった気がします。
私があこがれていた中国はどこへいったのか・・
何のために難解な中国語をマスターしたのか・・
最近は、そもそも幻想だったのかと思うようになりました。

日本は相変わらずの土下座外交しかできませんし・・。
でも今後も国際社会のなかではつき合っていかなければならないわけで・・
無線家の立場としてもジャミング(妨害電波)はヤメてもらいたい。
国際ルールは守れ!・・・といっても聞く耳持たない国だからどうにもなりません。

なんだかなぁ~  もう考えたくもないです。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ←よろしければ クリックをお願いします
関連記事
2008/04/27 23:27|日記TB:0CM:0

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://7l4cwl.blog88.fc2.com/tb.php/283-49391830

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.