fc2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

日光江戸村巡視

一泊二日の栃木旅行のメインイベントは新撰組有志隊の江戸村巡視です。
今回が3回目で隊士も増え13名が参加しました。
天気にも恵まれ楽しいひとときを過ごすことができました。

edomura21_01.jpg


▽続きを読む▽
2021/11/28 22:44|旅行・ドライブTB:0CM:0

東武ワールドスクエア

本日最後は東武ワールドスクエアです。
ここは3回目ですが、今回はライトアップの期間だったので夕刻から綺麗な光の世界を堪能しました。

tobuws21-01.jpg


tobuws21-07.jpg


▽続きを読む▽
2021/11/27 22:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

大谷石採石場

平和観音のボランティアガイドの紹介で
近くにある露天掘りで現役の採石場(カネホン採石場)を見学しました。
ここは予定外でしたが大変勉強になりました。
米津玄師の「馬と鹿」など多くのPV作品のロケ地にもなっているそうです。

oya-saisekijo_1.jpg


▽続きを読む▽
2021/11/27 13:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

平和観音

大谷資料館および大谷寺(大谷観音)のすぐ近くにあります。
太平洋戦争の犠牲者の追悼と平和を願って大谷石採石場に手彫りで製作されたそうです。
高さ約27mあります。
ウルトラマン80のロケ地にもなりました。
heiwa-kannon.jpg


▽続きを読む▽
2021/11/27 12:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

大谷資料館

1月27日~28日、職場の有志13名で栃木県に旅行に行きました。
先ずは大谷資料館を見学しました。
大谷石採石場跡の巨大地下空間で見ごたえがありました。

oya-shiryo1.jpg

oya-shiryo2.jpg


▽続きを読む▽
2021/11/27 11:00|旅行・ドライブTB:0CM:0

龍岡城五稜郭展望台&田口城

龍岡城の星形を確認するには展望台から見るのがオススメです。
龍岡城の背後の山は「田口城」という中世の山城跡で、その中腹に「五稜郭展望台」が設置されています。
taguchi_10.jpg

五稜郭展望台・・・
taguchi_09b.jpg


▽続きを読む▽
2021/11/24 23:15|城郭探訪TB:0CM:0

龍岡城(長野県佐久市)

龍岡城は函館五稜郭とともに日本に二つしかない星型稜堡をもつ洋式城郭です。
よって龍岡五稜郭とも呼ばれています。
幕末期(1864)に田口藩(田野口藩)陣屋として着工し慶應3年(1867)に竣工しました。
tatsuoka_01.jpg

田口城跡にある五稜郭展望台から見た龍岡城
tatsuoka-jo_2.jpg



▽続きを読む▽
2021/11/24 22:00|城郭探訪TB:0CM:0

夕焼け

本日2回目の休憩時間・・・
車庫に戻ると夕焼けが綺麗でした
211119ayase.jpg

今日はほぼ皆既月食に近い部分月食の日でもありました。

▽続きを読む▽
2021/11/19 21:12|日記TB:0CM:0

カレンダー 

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.