FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

佐野SAで佐野ラーメン

宮城県から戻ってきました。東北に行く際には行きも帰りも佐野サービスエリアで休憩するのが私のルーティーンです。
横浜から約2時間の地点なので行きは最初の、帰りは最後の休憩地にしています。
佐野といえば『佐野ラーメン』・・青竹平打ち麺にアッサリ醤油スープが特徴です。
佐野ラーメン食べると関東に帰って来たという感じがします。
ということで明日から仕事頑張ります。

sanoSA_2104a.jpg


▽続きを読む▽
2021/04/05 15:42|旅行・ドライブTB:0CM:0

JR仙石線・野蒜駅(震災遺構)

津波で被災した東松島市の玄関口であったJR野蒜駅は街ごと高台に移転し、旧駅舎は『東松島市震災復興伝承館』として一般公開されています。駅の裏側は昨年『震災復興祈念公園』としてオープンしました。
米軍のトモダチ作戦で瓦礫が撤去された駅でもあります。
松島観光の際には隣町の東松島(奥松島)にもぜひ立ち寄ってみてください。

NobiruSt_2104a.jpg

NobiruSt_2104c.jpg


▽続きを読む▽
2021/04/03 14:00|奥松島TB:0CM:0

震災10年後の東松島市宮戸室浜

親父の故郷であった宮城県東松島市宮戸島の集落は津波で壊滅し、実家も老後の帰郷のために親父が建てた家も跡形も無くなりました。
現在は整地されて水産作業用の倉庫が立ち並び住居は山を削った高台に移転しました。住居と仕事場を分離する政策ですが、多くの漁師が廃業し人口は3分の1に減りました。住民の姿は皆無で出会うのは釣り人ばかりです。
風情があった漁師町の姿は戻りませんが、今後も津波は繰り返し来襲するわけですから命を守るためには仕方がない策だとは思いますが、切ない光景です。
震災後10年で奥松島地域の復興工事も8割くらい進んだかなという感じです。

murohama_2104a.jpg

murohama_2104c.jpg


▽続きを読む▽
2021/04/03 12:29|奥松島TB:0CM:0

奥松島・宮戸島小室崎

本日は親父の一周忌法要を無事に終えました。
良く晴れて海も穏やかだったので奥松島(東松島市)の海辺を散歩しました。
写真は宮戸島の室浜の先にある小室崎から石巻湾側の風景です。

OkuMatsushima_21b.jpg

OkuMatsushima_21a.jpg
2021/04/03 12:00|奥松島TB:0CM:0

那須高原SAで車中泊

昨夜仕事終えてから親父の一周忌法要の為に宮城県に向かいました。綾瀬ICができて本当に便利でした。那須高原SAで仮眠をとって早朝に出発します。
本当は1月の予定でしたけど、関東の緊急事態宣言再発で4月に順延した次第です。すると今度は昨日に宮城県に発令されてしまって・・・どうするかお寺さんに相談したら、「もうきりが無いからやりましょう」ということになりました。
法事の楽しみである会食は自粛し、懐石弁当を持ち帰ってもらう形式にします。

NasuSA2104a.jpg
2021/04/03 07:30|車中泊TB:0CM:0

カレンダー 

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.