FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

映画 『名も無き世界のエンドロール』

映画『名も無き世界のエンドローム』を鑑賞しました。

namonaki.jpgあらすじ・・・
「幼馴染のキダとマコトは共に親がいない。そこへ同じ境遇の転校生ヨッチが加わり三人は親密に交流し成長していく・・。二十歳の時に起こった事件を切っ掛けに彼らの人生が狂い始める。その後、キダは裏の社会で交渉屋として暗躍し、マコトは貿易会社社長として上流階級へのし上がっていく・・。二人は自分たちの運命を変えた人物と不条理な世の中に復讐するため10年の歳月を費やし ある壮大な計画を企てる・・・。」


感想・・・
「ラスト20分の真実。」というキャッチコピーがちょっと気になって鑑賞したわけだが・・。
クリスマスイブのプロポーズ大作戦までの伏線が多かったのだが、すべてラストで回収されるのでスッキリ感はありました。ラスト20分に達する前にだいたい読めてしまうのがサスペンス的にはイマイチだけどストーリー的には悪くないと思う。
少年時代からドッキリ仕掛けが大好きだったので、最後の最後に観客に対して「なんちゃって・・」みたいなドッキリを仕掛けるのかとちょっと期待しましたが・・そうなればB級映画になってしまいますからね。
彼らの世界は狭すぎる感があるけど、まあそういう人もいるよね。
それより缶コーラのドッキリは自分も少年時代によくやりましたので懐かしい想いでした。てゆうか今でもやります。
あと、エンディング終了後に数秒間の映像もあったし、この物語にはその後の続きもあるようですね。
公式サイトでもテレビCMでも必ず「大ヒット上映中」・・・とかなってますけど、マニアックな作品だから出演者のイケメン俳優のファンとか自分のような映画好きじゃないとなかなか見ないんじゃないかなと思います。自分も今日の目的は『ヤクザと家族』を観に来たわけで、鑑賞後に時間があったので丁度良い開始時間だった本作を観た次第です。平日とはいえ観客は私一人だけでしたし。その点では大きなスクリーンを独り占めできて至福の時間でした。


■『名も無き世界のエンドロール』 101分 日本
  2021年1月29日公開
監督:佐藤祐市
脚本:西条みつとし
原作:行成薫 「名も無き世界のエンドロール」(集英社文庫)
出演:岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、石丸謙二郎、大友康平、柄本明
配給:エイベックス・ピクチャーズ

評価 ★★★★★
鑑賞劇場:イオンシネマ座間 Screen04 [座席 J8] 18:00~ 観客1人
2021/02/02 22:00|映画TB:0CM:0

映画 『 ヤクザと家族 The Family 』

映画 『やくざと家族』 を鑑賞しました。

YakuzatoKazoku.jpgあらすじ・・・
ヤクザという生き方を選んだ男の壮大なヒューマンストーリー。
自暴自棄になっていた少年期にヤクザの世界へ足を踏み入れた山本賢治を中心に、1999年、2005年、2019年と3つの時代で見つめていく、一人の男とその家族・ファミリーの壮大な物語。兄貴分の罪をかぶり14年服役し出所すると、暴対法によって社会環境は大きく変わっていた・・。


感想・・・
確かに暴対法によって反社会的組織に対する規制は厳しくなりました。一般市民でもヤクザの知人がいたり、たまたま一緒に写真に写ったりしただけで職を失ったり住居から追い出されたりするケースも聞きますし・・。
映画界も昭和30年から50年代の映画隆盛期は各社がこぞって人気俳優を起用した任侠映画を制作し義理人情だとか仁義だとか男だとか煽ってヤクザをカッコイイものとして描いてましたよね。それが現在は任侠映画は作り難いご時世ですので、本作のような違った視点から描く傾向にありますよね。
本作も切ないけど同情もできないし・・・感慨深い作品ではありました。
主人公を演じた綾野剛が凄かったです。今まで様々な役柄を演じましたが、今回はアウトローな役にもかかわらず山本になりきっている感じで迫力ありました。
あと、弟分を演じた市原隼人も昨年鑑賞した『おいしい給食』のユニークな教師役とは対照的で役者って凄いなあと思いました。


■『 やくざと家族 The Family 』 PG12 136分 日本
  2021年1月29日公開
監督・脚本:藤井道人
出演:綾野剛、舘ひろし、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗
配給:スターサンズ、KADOKAWA

評価 ★★★★★
鑑賞劇場:イオンシネマ座間 Screen08 [座席 F4] 14:45~ 観客6人
2021/02/02 21:00|映画TB:0CM:0

カレンダー 

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.