FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

映画 『樹海村』

清水崇監督作品の映画 『樹海村』 を先行上映で鑑賞しました。
昨年公開された犬鳴村に続き東映の実録!恐怖の村シリーズの第2弾です。
ホラー作品で定評のある清水崇監督作品なので期待して鑑賞しました。犬鳴村と同様に怖くはなかったですけど、ホラーシーンは力が入っていた感じです。でも自分的にはジャパニーズホラーにゾンビはあまりそぐわないかなと思いました。清水監督といえば呪怨シリーズがあまりにも素晴らしく国際的にも評価されていたので、後作の期待度が高くなってしまってますよね。
本作はホラーシーンに凝りすぎて物語がイマイチつかみ難かったです。母子愛のシーンもベタすぎて泣けなかったです。
とにかくホラーシーンを派手にやりすぎると怖さは無くなりゾンビとか逆に面白かったです。

JukaiMura.jpg

樹海村
2021年2月5日公開
監督・脚本:清水崇
脚本:保坂大輔
出演:山田杏奈、山口まゆ、神尾楓珠、國村隼 ほか
配給:東映

評価 ★★★★★
鑑賞劇場:イオンシネマ座間 ULTIRA [座席 J16] 17:15~ 観客8人
2021/01/31 21:00|映画TB:0CM:0

映画『おもいで写真』

映画『おもいで写真』を鑑賞しました。
確かに遺影写真って集合写真を引き伸ばした場合ピンボケ写真になることが多いよね。
主人公の結子のような頑固で融通が利かない女って接客業には向いていないから技術はあっても仕事できないからクビになるのも当然だと思うし・・・夢破れ、祖母の死も重なり故郷へ戻るわけだが、仕事ないしする気もないダメ女。
それに対して幼馴染の一郎は若いのに大人の対応できるし性格もおおらかだし、それに市役所に勤務する公務員だし人として完璧やん・・みたいな感じ。そんな一郎の計らいで(役所の高齢者福祉の一環で)老人の遺影写真を撮影する歩合制の仕事を勧められるわけだが・・。
確かに「遺影写真を撮る」・・・と言われると縁起が悪いとかで拒絶するよね。それが思い出の場所で撮る『思い出写真』だと興味を持つ者も多くなるのもわかる気がします。
様々な境遇の老人と交流することで結子も人として少しづつ成長する気配はあるのだが、性格は突然には変わらないから地道に行くしかないわけだよね。
ラストは一郎が結子にプロポーズして一緒に暮らすようになる雰囲気で終了したからハッピーエンドなのかな?
でもこういう女を女房にすると男は一生苦労するだろうな・・とか思うから自分的にはハッピーエンドじゃないけど感慨深い作品ではありました。

OmoidePics.jpg

おもいで写真』 110分 日本
2021年1月29日公開
原作:『おもいで写眞』熊澤尚人(幻冬舎文庫)
監督:熊澤尚人
脚本:熊澤尚人、まなべゆきこ
出演:深川麻衣、高良健吾、香里奈、井浦新、古谷一行、吉行和子
配給:イオンエンターテイメント

評価 ★★★★
鑑賞劇場:イオンシネマ座間 Screen07 [座席 F5] 14:40~ 観客5人
2021/01/31 20:29|映画TB:0CM:0

カレンダー 

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.