FC2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

飯岡刑部岬展望館~光と風~(千葉県旭市)

千葉県に来ています。広島県から山陰・北陸を経由して来たのでその距離2200kmの行程でした。
ちょうど夕刻だったので飯岡灯台がある旭市の刑部岬で夕陽・夜景を見てきました。
ここは九十九里浜が見渡せて『日本夜景100選』『日本の夕陽百選』『日本の朝日百選』にも選定されている絶景です。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のロケ地でもあります。
展望館にはたくさんの人が集まってました。映画のラストシーンのメロディも流れていてロマンチックな気分になれました。

旭市飯岡の夜景
Iioka200921a.jpg


九十九里浜方面へ沈む夕陽
Iioka200921b.jpg


飯岡刑部岬展望館~光と風~展望デッキ
Iioka200921c.jpg


▽続きを読む▽
2020/09/21 19:33|旅行・ドライブTB:0CM:0

赤城高原SAで車中泊

関越自動車道の赤城高原サービスエリア(上り)で車中泊しました。
本日はお城巡りの旅最終日で茨城県の水戸城と土浦城を見学して千葉県の別荘へ向かいます
akagikogenSA.jpg
2020/09/21 07:12|車中泊TB:0CM:0

富山地方鉄道 富山軌道線

富山といえば市内を路面電車が盛んに走っています。
富山地方鉄道(株)が運行する民営ですが、地元では市内電車ということで市電と呼ばれています。
ちょうど富山城前の環状線を低床車両が走っていたので写真を撮りました。
今回は乗る時間がありませんでしたが、機会があれば乗ってみたいです。
写真はポートラムと書かれたTLR0600形の2両連節車両です。
ToyamaLR2.jpg

こちらはT100形(サントラム)で何と3両連節です。中間車両には車輪が無い構造です。
ToyamaLR1.jpg ToyamaLR3.jpg
2020/09/20 18:09|路面電車TB:0CM:0

富山城(富山県)

富山城に行ってきました。

富山城は佐々成政や富山藩主前田家の居城でした。
現在は本丸と西出丸が富山城址公園として整備されています。
大きな水堀と石垣から当時の威容を見ることができます。
ToyamaJo.jpg

■富山城  城データ
所 在 地: 富山県富山市本丸
城 地 種 類: 平城 梯郭式
築 城 年: 天文12年(1543)頃
築 城 者: 神保長職
主 要 城 主: 神保氏、佐々氏、前田氏
天守の形態: 複合連結式 望楼型三重四階 鉄筋コンクリート造(模擬天守)
天守築城年: 昭和29年(1954)
文化財指定: -
遺   構: 本丸、西出丸、石垣、堀、千歳御門
別   称: 安住城、浮城
関 連 施 設: 富山市郷土博物館(模擬天守内)
そ の 他: 続日本100名城(134番)




▽続きを読む▽
2020/09/20 16:15|城郭探訪TB:0CM:0

丸岡城(福井県坂井市)

現存12天守の一つである福井県の丸岡城を攻略してきました。

1576年(天正4)に柴田勝家の甥っ子・勝豊によって築かれ現存最古の天守と言われてきましたが、最近の研究・調査で1613年(慶長13)に城主となった本多成重が大改修した以降に築かれた天守ということが分かってきました。具体的には1628年(寛永5)という調査報告が出ています。戦国時代と思われていたのが実は江戸時代の築だったのです。柴田期の天守台を利用してレトロ風デザインで建築されていたので誤解されていたようです。現在残っているのは天守台の石垣と天守だけで周囲は宅地開発で遺構の多くが消滅しているので城郭好きな自分的にはイマイチな感じがしました。
それと昭和23年の福井地震で天守は石垣と共に完全に倒壊しました。なるべく残った部材で修復したので現存という扱いになっています。それが現存と言えるかも自分的には微妙なところです。

MaruokaJo.jpg

■丸岡城  城データ
所 在 地: 福井県坂井市丸岡町霞1-59
城 地 種 類: 平山城 連郭式
築 城 年: 天正4年(1576)
築 城 者: 柴田勝豊
主 要 城 主: 柴田氏、安井氏、青山氏、今井氏、本多氏、有馬氏
天守の形態: 独立式 望楼型 二重三階 木造(現存)
天守築城年: 寛永年間、※寛永5年(1628)という調査報告有り
文化財指定: 重要文化財1件(天守)
遺   構: 本丸、天守、石垣
別   称: 霞ヶ城
関連施設: 丸岡歴史民俗資料館
そ の 他: 日本100名城(36番)



▽続きを読む▽
2020/09/20 10:09|城郭探訪TB:0CM:0

福井城(福井市)

柴田公園(北ノ庄城址・柴田神社)を見学した後に福井城に行きました。

柴田勝家が築いた北ノ庄城を慶長5年にこの地を拝領した結城秀康(徳川家康の次男)が6年がかりで大改修し城下町とともに近世大城郭が完成しました。天守台には四重五階の壮大な天守が築かれましたが、寛文9年(1669)の大火で焼失し以後再建されることはありませんでした。3代目藩主 松平忠昌の時に「福居(福井)城」と改名されました。

近年の都市開発により残っている縄張りは本丸周辺のみですが、水堀と石垣が見事です。
fukui-jo.jpg

■福井城  城データ
所 在 地: 福井県福井市大手
城 地 種 類: 平城 輪郭式
築 城 年: 慶長6年(1601)
築 城 者: 結城秀康
主 要 城 主: 結城氏、松平氏
天守の形態: 望楼型 四重五階(1669年に焼失し非現存)
文化財指定: -
遺   構: 水堀、本丸、天守台、石垣
近年の復元: 御廊下門、山里口門、福の井
別   称: 北庄城、福居城
そ の 他: 続日本100名城(137番)



▽続きを読む▽
2020/09/20 08:30|城郭探訪TB:0CM:0

北ノ庄城址&柴田神社 (福井県福井市)

北ノ庄城の築城年代は不明ですが南北朝時代には城郭が存在していたようです。その後、越前一向一揆を平定した功績により越前北ノ庄を与えられた柴田勝家が、天正3年(1575)に新たな縄張りで築城を開始しました。その天守は九重の巨大なものであったという記録が残っています。
羽柴秀吉と対立し「賤ヶ岳の戦い」で敗れた勝家が北ノ庄城に退却するも秀吉勢に包囲され、妻のお市の方とともに自害したという壮絶な歴史の舞台となった城でもあります。その際に天守を含む城の殆どが焼失したとされています。

関ケ原合戦以後に入った結城秀康が北ノ庄城(後に福井城に改称)を大改修し、柴田氏が築いた北ノ庄城の遺構の殆どが消滅したことから幻の城とも言われていました。しかし、近年の発掘調査で堀跡や石垣の一部が発見され、柴田氏北ノ庄城の実態が徐々に判明しつつあります。
天守があったとされる場所は『北ノ庄城址・柴田公園』として整備され、発見された石垣も展示保存されています。資料館も併設され柴田氏関連の資料が展示されています。福井城見学の際はこちらも必見です

kitanosho-joshi.jpg

■(柴田)北ノ庄城  城データ
所 在 地: 福井市中央
城 地 種 類: 平城
天守の形態: 7重又は九重(非現存)
築 城 年: 天正3年(1575)
築 城 者: 柴田勝家
遺  構: 石垣跡、堀跡
別  称: 北庄城、庄城


▽続きを読む▽
2020/09/20 08:00|城郭探訪TB:0CM:0

南条SAで車中泊

北陸自動車道の南条サービスエリア(下り)で車中泊しました。
キャンピングカーや車中泊仕様車がたくさん来ていました。
24時間営業のコンピニもあって便利です。
あと海老名SAのメロンパンで有名な「ぽるとがる」が出店していました。
ここで海老名メロンパンが食べられるとは意外でした。
nanjoSA_1.jpg nanjoSA_2.jpg

ドッグランもありますし、日野川の河川敷にある「レインボーパーク南条」を散歩することもできるので犬を連れてのドライブにも便利なサービスエリアです。
nanjoSA_3.jpg nanjoSA_4.jpg

今日は北陸の名城・・・福井城、丸岡城、金沢城、富山城を見学する予定です。
2020/09/20 07:15|車中泊TB:0CM:0

津山城(岡山県津山市)

岡山県津山市にある津山城に行ってきました。
関ケ原の戦いの功績で入った森忠正が慶長9年(1604)に築城し元和2年(1616)に完成させた総石垣の平山城です。
雛壇のような「一二三段(ひふみだん)」と呼ばれる石垣群がほぼ完全に残っています。
建物はすべて失われていましたが、平成17年に津山城築城400年を記念して備中櫓が木造で復元されました。

TsuyamaJo_01.jpg

■津山城   城データ
所 在 地: 岡山県津山市山下
城 地 種 類: 平山城
天守の形態: 天守台のみ残存
築 城 年: 慶長9年(1604)
築 城 者: 森忠正
主 要 城 主: 森氏、松平(越前)氏
文化財指定: 国指定史跡
遺  構: 本丸、二の丸、石垣、三の丸、天守台など
そ の 他: 日本100名城(67番)


▽続きを読む▽
2020/09/19 15:00|城郭探訪TB:0CM:0

蒜山高原SAで休憩

米子から津山城に行く途中に米子道の蒜山高原サービスエリアで休憩しました。
展望エリアからは大山をはじめ近隣の山々が見渡せます。
 
HiruzenKogenSA1.jpg HiruzenKogenSA2.jpg
2020/09/19 12:30|旅行・ドライブTB:0CM:0

大山(鳥取県)

米子城の次は岡山県津山市の津山城に行きます。
米子道を走行していると大山(だいせん)が見えました。
鳥取県にある標高1,729mの成層火山(死火山)で中国地方の最高峰です。
中学2年生の時に学校行事で頂上まで登山した思い出があります。
 
daisen1.jpg daisen2.jpg
2020/09/19 11:40|旅行・ドライブTB:0CM:0

米子城(鳥取県米子市)

鳥取県の米子城に行ってきました。
かつては大小二つの天守がありましたが、現在はすべての建物が失われています。
でも天守台、本丸、二の丸、石垣などが状態よく残っており、縄張りは築城当時の形態をとどめています。
天守台からの眺望は見事でした。
YonagoJo_01.jpg

■米子城   城データ
所 在 地: 鳥取県米子市久米町
城地種類:  平山城
天守の形態: 天守台のみ残存
築 城 年: 1467~77頃
築 城 者: 山名宗之
主要城主: 吉川氏、中村氏、加藤氏、池田氏
文化財指定: 国指定史跡
遺  構:  本丸、二の丸、石垣、天守台など
別  称:  湊山金城、久米城
そ の 他: 続日本100名城(169番)


▽続きを読む▽
2020/09/19 11:15|城郭探訪TB:0CM:0

松江城(島根県松江市)

現存天守がある島根県の松江城に行ってきました。
松江城は1607年に関ケ原での功績で出雲・壱岐24万石を与えられた堀尾吉晴が築城しました。
四重・五階・地下一階の望楼型天守は現存12天守の一つで我が国5番目の国宝天守です。
飾り気のない武骨で実戦的な造りが特徴です。
MatsueJo_01.jpg


■松江城   城データ
所 在 地: 島根県松江市殿町1-5
城 地 種 類: 平山城
築 城 年: 慶長12年(1607)
築 城 者: 堀尾吉晴
天守の形態: 複合式、望楼型 四重五階地下一階 木造(現存)
天守築城年: 慶長16年(1611)
天守築城者: 堀尾吉晴
主 要 城 主: 堀尾氏、京極氏、松平氏
文化財指定: 国指定史跡、国宝、重要文化財1件
遺   構: 天守、石垣、本丸、二の丸
別   称: 千鳥城
そ の 他: 日本100名城(64)




▽続きを読む▽
2020/09/19 10:05|城郭探訪TB:0CM:0

宍道湖SAで車中泊

山陰自動車道の宍道湖サービスエリアで車中泊しました。
さわやかな朝です。これから松江城を見学に行きます

shinjikoSA1.jpg

展望エリアからは宍道湖が見渡せます
shinjikoSA2.jpg
2020/09/19 07:30|車中泊TB:0CM:0

松江道で松江城へ

鞆の浦での法事を終えて福山城も見学できました。
ここまで来たついでに国宝になった現存天守がある松江城に行くことにしました。
ついでに行くような距離じゃありませんけど、せっかくここまで来たことだし、尾道から松江自動車道に繋がっているので行き易くなったこともありますので・・・。
その松江道は新しいから道は綺麗ですけど、暫定2車線での対面通行だから走り難いです。
片側1車線なので前に遅い車とかトラックが走っているとスムーズに進めませんし、逆に後ろからスポーツカーに煽られることもありますから・・。それに対面通行は中央分離帯がなく数メートル毎にラバーポールが立っているだけなので大変危険でもあります。いくらこちらが注意していても対向車が車線をはみ出して来たら即正面衝突の死亡事故につながりますから・・・
将来的には4車線化にするらしいですが、それまではあまり利用したくありません。

MatsueDo1.jpg MatsueDo2.jpg
2020/09/18 20:55|旅行・ドライブTB:0CM:0

福山城(広島県福山市)

福山城に行ってきました。
徳川家康の母方の従兄弟である水野勝成が1619年に備後福山10万石を与えられて築城しました。
一国一城令で新規の築城は許されない時代でしたが、家康の親戚ということと西国統治の拠点として幕府の意向で特例として新規の巨大城郭が誕生しました。よって近世城郭としては最後の築城で当時の最高技術が結集していました。

層塔型の五重天守は高さ約30mで姫路城天守にも匹敵する巨大なもので国宝に指定されていましたが、残念ながら昭和20年の福山大空襲で焼失しました。昭和41年に鉄筋コンクリートの復興天守として再建されました。裏面の鉄板張りなど一部デザインを変更したので復元天守ではなく復興天守という扱いです。その他に伏見櫓と筋鉄御門が現存しています。

この福山城は私の城巡りの原点でもあります。小学一年生の時に訪れて天守の巨大さと美しさに感激して以後お城に興味を持つようになりました。

FukuyamaJo-1.jpg

■福山城  城データ
所 在 地: 広島県福山市丸の内1-8
城地種類:  平山城
天守の形態: 層塔型 五重六階地下一階 鉄筋コンクリート造(復興天守)
築 城 年: 1619年(元和5)
築 城 者: 水野勝成
主要城主: 水野氏、松平(奥平)氏、阿部氏
文化財指定: 国指定史跡、重要文化財2件
遺  構:  櫓、門、石垣
別  称:  久松城、葺陽城
そ の 他: 日本100名城(71)




▽続きを読む▽
2020/09/18 18:00|城郭探訪TB:0CM:0

NEOPASA浜松

広島県鞆の浦まで(母の代理で)祖父の法事に行ってきます。
昨日はセットダイヤ(16時間勤務)終了後夜11時に海老名ICから高速乗って行けるところまで行こうと思ったのだが・・・やはり眠いし、どしゃ降りの雨だし・・・ということで新東名の浜松サービスエリアで車中泊しました。
早めに行って広島観光でもしようと思ってましたが無理せずのんびりドライブ楽しみながら行ってきます。帰りに山陰・北陸地方の城巡りをしたいと思っています。

浜松は楽器の街なのでサービスエリアもピアノをイメージした建物になっています。
Neo-Hamamatsu.jpg
2020/09/18 07:30|車中泊TB:0CM:0

ぶどう狩り(山梨県)

今日は会社の組合の日帰り旅行で山梨県に行ってきました。
メインは浅間園での ぶどう狩りでした。
朝から雨でしたが幸い山梨に着いた頃には雨は上がってました。

kanachu2020a.jpg

ぶどう狩り会場に各営業所から来た神奈中観光バスが十数台並んでました。
kanachu2020b.jpg


▽続きを読む▽
2020/09/12 22:55|旅行・ドライブTB:0CM:0

カレンダー 

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.