fc2ブログ
横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人Nobの日記です。 趣味の映画鑑賞、旅行・ドライブ、お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

明石海峡

四国一周お城巡りの旅も終わり・・・
神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリア(上り)で休憩して横浜に帰りました。
明石海峡大橋が間近で見渡せます
akashi-kaikyo_1.jpg


▽続きを読む▽
2018/09/25 15:30|旅行・ドライブTB:0CM:0

洲本城(兵庫県洲本市)・・続日本100名城(164番)

sumoto-jo_01.jpg


■洲本城  城データ
所 在 地: 兵庫県洲本市丸小路谷1272-2
城 地 種 類: 平山城
築 城 年: 16世紀前半
築 城 者: 安宅氏
主 要 城 主: 脇坂氏
天守の形態: (模擬天守)
天守築城年: 昭和天皇の即位式を記念して建立
文化財指定: 国指定史跡
遺   構: 本丸、西の丸、東の丸、天守台、石垣、堀
別   称: 三熊城
関連施設: 洲本市立淡路文化史料館(洲本市山手1-1-27)
そ の 他: 続日本100名城(164番)


詳細写真は後日掲載します
2018/09/25 14:00|城郭探訪TB:0CM:0

徳島城・・・日本100名城(76番)

tokushima-jo_01.jpg


■徳島城  城データ
所 在 地: 徳島県徳島市徳島町城内1
城 地 種 類: 平山城
築 城 年: 天正14年(1586)
築 城 者: 蜂須賀家政
主 要 城 主: 蜂須賀氏
天守の形態: -
天守築城年: -
文化財指定: 国指定史跡
遺   構: 本丸、東二の丸(天守跡)、西二の丸、石垣、堀
別   称: -
関連施設: 徳島市立徳島城博物館
そ の 他: 日本100名城(76番)

2018/09/25 10:00|城郭探訪TB:0CM:0

川島城(徳島県吉野川市)

徳島城に行く途中に吉野川市にある川島城に立ち寄りました。

川島城は吉野川沿いにある要害堅固な中世の山城跡で戦国時代に川島兵衛之進が築城したと伝えられています。阿波九城の一つとして天正13(1585)年に蜂須賀家政の入国により重臣林道感が城番に当てられ、その後寛永15年の一国一城令により廃城となりました。
現在ある天守は昭和56年に天守風の観光用施設として二の丸跡に建設されたものです。

川島城にはそもそも天守は無かったわけすが・・。しかも中世の城跡に近世デザイン(江戸後期)の天守を建ててしまったわけです。それに場所も本丸ではなく二の丸跡に・・。領地の規模からしてもこんな立派な天守はありえないわけで・・。
一般の人は『天守=お城』と思っている人がほとんどなので史実は無視して観光用に模擬天守を建ててしまうケースが多いです。
内部はレストハウスなので本来は「天守閣風建築物」に分類すべきですが、城跡に建てているのでやむなく「模擬天守」という分類になってしまいます。城ファンとしては千葉城と同様に困ったお城の一つです。中世の曲輪はよく残っているので残念です。

kawashima-jo_01.jpg

■川島城  城データ
所 在 地: 徳島県吉野川市川島町川島136
城 地 種 類: 平城
築 城 年: 元亀3年(1572)
築 城 者: 川島兵衛之進
主 要 城 主: 川島惟忠、林能勝
天守の形態: 望楼型三重四階(模擬天守/天守閣風建築物)
天守築城年: 昭和56年(1986)
文化財指定: 吉野川市指定史跡
遺   構: 曲輪
別   称: -
関 連 施 設: -
そ の 他: -


詳細写真は後日掲載します
2018/09/25 09:00|城郭探訪TB:0CM:0

阿波PAで車中泊

四国一周城巡り最終日は川島城、徳島城、洲本城に行く予定です。
ということで、昨夜は川島城最寄りの徳島自動車道の「阿波パーキングエリア」で車中泊しました。
トイレと自販機しかないシンプルなパーキングエリアで駐車している車は一台もありませんでした。
食料は朝食の分まで事前にコンビニで買ってありますが、高速道路のPAでこれほど寂しい車中泊は初めてでした。
暴走族とか来なければイイなぁ・・・とかちょっと不安でした。
AwaPA_1.jpg

無事に朝を迎えました。
朝になっても駐車車両は一台もありませんでした。
天気予報は悪いですが何とか曇りでもちそうな感じなので徳島城までは行きたいと思います。
AwaPA_2.jpg
2018/09/25 06:30|車中泊TB:0CM:0

高松城(香川県高松市) 日本100名城(77番)

takamatsu-jo_01.jpg

■高松城  城データ
所 在 地: 香川県高松市玉藻町2-1
城 地 種 類: 平城(海城)
築 城 年: 天正16年(1588)
築 城 者: 生駒親正
主 要 城 主: 生駒氏、松平(水戸)氏
天守の形態: 天守台のみ残存
天守築城年: -
文化財指定: 国指定史跡、重要文化財4件、市指定文化財1件
遺   構: 月見櫓、水手御門、渡櫓、艮櫓、本丸、二の丸、天守台、石垣、堀
別   称: 玉藻城
関連施設: 香川県歴史博物館、高松市歴史資料館、史跡高松城跡玉藻公園陳列館
そ の 他: 日本100名城(77番)


詳細写真は後日掲載します
2018/09/24 18:19|城郭探訪TB:0CM:0

丸亀城

marugame-jo_01.jpg


■丸亀城  城データ
所 在 地: 香川県丸亀市一番町
城 地 種 類: 平山城 
築 城 年: 慶長2年(1597)、寛永19年(1642)
築 城 者: 生駒親正、山崎家治
主 要 城 主: 生駒氏、山崎氏、京極氏、
天守の形態: 層塔型 三重三階 木造(現存)
天守築城年: 
文化財指定: 国指定史跡、重要文化財3件、県指定有形文化財1件
遺   構: 天守、大手一の門・二の門、御殿表門、本丸、二の丸、三の丸、石垣、堀
別   称: 亀山城
関連施設: 丸亀市立資料館
そ の 他: 日本100名城(78番)


詳細写真は後日掲載します
2018/09/24 15:00|城郭探訪TB:0CM:0

川之江城(愛媛県四国中央市)

川之江城は伊予・讃岐・土佐・阿波を結ぶ交通の要衝である川之江の鷲尾山山頂にあります。別名、仏殿城と呼ばれる川之江城は、南北朝時代に伊予の太守河野氏が讃岐を支配する細川氏の侵略に備え、部将の土肥義昌に命じて築かせました。

昭和59年(1984年)に川之江市制施行30周年記念事業の一環として城山公園整備事業が行われ、本丸跡に天守、涼櫓、櫓門、隅櫓、控塀などが建築された。犬山城天守を模した天守であり、その他の石垣や櫓、城門等も史実に即したものではなく、当時の名残を留めるものは、模擬天守の石垣の周囲に残存する僅かな石垣だけである。

kawanoe-jo_01.jpg

■川之江城  城データ
所 在 地: 愛媛県四国中央市川之江町1087-4
城 地 種 類: 山城
築 城 年: 南朝:延元2年/北朝:建武4年(1337年)
築 城 者: 土肥義昌
主 要 城 主: 河野氏、土肥氏、細川氏、長宗我部氏、河上氏、小早川氏、福島氏、池田氏、小川氏、加藤氏
天守の形態: 望楼型三重四階、鉄筋コンクリート構造(模擬天守)
天守築城年: 昭和61年(1986) 模擬天守
廃 城 年: 慶長20年(1615年)頃
文化財指定: なし
遺   構: 石垣
別   称: 仏殿城



詳細写真は後日掲載します
2018/09/24 12:00|城郭探訪TB:0CM:0

高知城(高知県高知市)

kochi-jo_01.jpg

■高知城  城データ
所 在 地: 高知県高知市丸の内1-2-1
城 地 種 類: 平山城
築 城 年: 慶長6年(1601)
築 城 者: 山内一豊
主 要 城 主: 山内氏
天守の形態: 望楼型 四重六階 木造(現存)
天守築城年: 延享4年(1747)
文化財指定: 国指定史跡、重要文化財15件
遺   構: 天守、本丸御殿、追手門、黒鉄門、詰門、廊下門、多門櫓、
       本丸、二の丸、三の丸、石垣
別   称: 鷹城
関連施設: 土佐山内家宝物資料館
そ の 他: 日本100名城(84番)


詳細写真は後日掲載します
2018/09/24 09:45|城郭探訪TB:0CM:0

南国サービスエリア

高知への玄関口でもある高知自動車道の南国サービスエリア(下り)で車中泊しました。
サービスエリアとはいえGSも無く、ちょっとしたパーキングエリアみたいな感じです。
今日は高知城を見学したあと香川県方面へ行く予定です

nangokuSA.jpg


▽続きを読む▽
2018/09/24 06:15|車中泊TB:0CM:0

伊予鉄(路面電車)

松山市といえば伊予鉄の路面電車が走っています。
路面電車好きの自分にとっては見ているだけでも楽しいです。
今回はスケジュールの都合で乗車する時間はありませんでしたが、次回はぜひ乗りたいと思います。
とにかく路面電車がある街って活気がありますよね。松山市素晴らしいです
Iyotetsu01.jpg


土日は坊ちゃん列車が走っています。
Iyotetsu02.jpg Iyotetsu03.jpg


低床新型車両も走ってました
Iyotetsu05.jpg Iyotetsu04.jpg


旧型も風情があっていいものです
Iyotetsu06.jpg Iyotetsu07.jpg
2018/09/23 15:30|路面電車TB:0CM:0

伊予・松山城

matsuyama-jo_01.jpg


■松山城  城データ
所 在 地: 愛媛県松山市丸之内1
城 地 種 類: 平山城
築 城 年: 慶長7年(1602)、寛永4年(1627)
築 城 者: 加藤嘉明、蒲生忠知
主 要 城 主: 加藤氏、蒲生氏、松平(久松)氏
天守の形態: 層塔型 三重三階 木造(現存)
天守築城年: 嘉永5年(1852)
文化財指定: 国指定史跡、重要文化財21件
遺   構: 天守群、櫓・門、本丸、二の丸、石垣、堀
別   称: 金亀城、勝山城
関連施設: 松山城二の丸史跡庭園、堀之内・城山公園
そ の 他: 日本100名城(81番)


詳細写真は後日掲載します
2018/09/23 13:00|城郭探訪TB:0CM:0

松山城ロープウェー

松山城本丸は山の上にあり、登山道で上ることもできますが、
ロープウェイまたはリフトで山頂まで気軽に上がることができます。

リフトでは空中散歩を楽しめます。
自分は怖いので行きも帰りもロープウェイに乗車しました。

matsuyama-L5.jpg


▽続きを読む▽
2018/09/23 12:30|城郭探訪TB:0CM:0

大洲城

osu-jo_01.jpg


■大洲城  城データ
所 在 地: 愛媛県大洲市大洲903
城 地 種 類: 平山城 
築 城 年: 14世紀前半、慶長15年(1610)頃
築 城 者: 宇都宮豊房、脇坂安治
主 要 城 主: 宇都宮氏、戸田氏、藤堂氏、脇坂氏、加藤氏
天守の形態: 層塔型 四重四階 木造(復元)
天守築城年: 平成16年 木造復元
文化財指定: 県指定史跡、重要文化財3件
遺   構: 台所櫓、高欄櫓、隅櫓、本丸、石垣
別   称: -
関連施設: -
そ の 他: 日本100名城(82番)


詳細写真は後日掲載します
2018/09/23 11:39|城郭探訪TB:0CM:0

宇和島城

uwajima-jo_01.jpg

■宇和島城  城データ
所 在 地: 愛媛県宇和島市丸之内
城 地 種 類: 平山城
築 城 年: 慶長元年(1596)
築 城 者: 藤堂高虎
主 要 城 主: 藤堂氏、富田氏、伊達氏
天守の形態: 層塔型 三重三階 木造(現存)
天守築城年: 寛文6年(1666) 2代目天守
文化財指定: 国指定史跡、重要文化財1件
遺   構: 本丸、天守、石垣
別   称: 鶴島城
関連施設: 城山郷土館(城山内)、宇和島市立伊達博物館
そ の 他: 日本100名城(83番)



詳細写真は後日掲載します
2018/09/23 10:34|城郭探訪TB:0CM:0

伊予灘SA

松山自動車道の伊予灘サービスエリアで車中泊しました。
Iyonada-SA1.jpg

伊予灘SA展望エリアからの眺め・・・
Iyonada-SA2.jpg

本日は宇和島城、大洲城、松山城などを見学する予定です


▽続きを読む▽
2018/09/23 06:00|車中泊TB:0CM:0

瀬戸内しまなみ海道

夕方 尾道から 『しまなみ海道』 を通って四国に入りました。
shimanami2018_1.jpg
 
途中『来島海峡サービスエリア』で休憩しました。
なかなか良い眺望でした。
夜のうちに宇和島市まで走行し、明日は宇和島城、大洲城、松山城などをを見学する予定です。
shimanami2018_2.jpg

展望テラスを備えた建物は建設中でした。
完成したらまた訪れたいと思います。
shimanami2018_3.jpg shimanami2018_4.jpg
2018/09/22 18:30|旅行・ドライブTB:0CM:0

湯ノ池の いざり松 (回想・・・岡山県里庄町)

湯の池の いざり松・・・
里庄町の天然記念物のクロマツで樹齢300年と言われていました。
昭和47年(1972年)の写真が残っていました。
satomi1.jpg
↑写真の家は農家の離れを改造したもので昭和44年に父が別荘として購入しました。
家の前で自転車に乗っているのが母と私(小学1年生頃)です。
船乗りで田舎好きだった父が老後に住むつもりで購入したそうです。当時は東京とか大阪に住んでおり、特に夏休みはこの別荘によく遊びに来ていました。隣の笠岡市に母の親族がいたり、北木島に母の実家があり毎年墓参に行くので中継地のホテル代わりに便利に使っていました。小学4年生の時(昭和50年)に一年ほど居住したことがあります。
私の姉が(学校に依頼されて)「湯ノ池のいざり松」というコラムを書いて、それが新聞(山陽新聞だったかな?)に掲載されて、コラムの中に松の木にフクロウの子供が居るという件を見た写真家がよく撮影に来ていた記憶があります。毎晩フクロウだかミミズクが「ホーホー」鳴いてました。
 
 
↓現在の様子・・・いざり松は伐採されて無くなっています。松くい虫の被害で枯れたらしいです。
写真に写っていた自宅の松の木も一足早く松くい虫にやられて引っ越す直前(S51)に伐採しました。
現在は家屋は取り壊されて小さなプレハブ小屋を置いてラーメン屋だか焼き鳥屋だか小さな飲食店になってました。
二階建ての建物は裏側の隣家なので手前の小屋が別荘があった場所です。
こんなに狭かったかな?・・と思うのだが道路が拡張して削られたのかもしれません。
satomi2.jpg
 
 
湯ノ池・・・里庄町最大の農業用の溜め池です。地域の伝承では昔周辺で温泉が噴き出しており、桃太郎伝説の元になった温羅伝説が残っています。負傷した鬼(温羅)がここの出湯で治癒しているのを知った吉備津彦命が出湯を封じて鬼退治に至ったというものです。湯の池という呼び名もその伝説が由来らしいです。
satomi3.jpg
 
 
湯ノ池脇にある消防小屋と火の見やぐら・・・
この消防小屋の屋根あたりまでイザリ松の枝が伸びていました。
消防団の出動シーンを何度か見たことがあります。火事が発生すると団員が火の見櫓に上って鐘をカンカン鳴らし集合した団員が小型ポンプを積載したリヤカーを「エッサ エッサ・・」と引いて現場に向かいます。他の部落の多くが消防署から払い下げられたポンコツ消防車を使用していましたが、ここ本村では江戸時代みたいな感じの出動でした。現在の小屋の中はいまだにリヤカーなのかな?
satomi4.jpg
 
 
↓いざり松があったところ・・・松の木の下が登校班の集合場所でした
地蔵菩薩坐像があり、その横に「南無阿弥陀佛」と書かれた石碑があります。さらにその横に牛供養の石碑が2つあります。
地蔵(お大師さんと呼んでいた)がある場所がイザリ松があった所です。アスファルトを新たに敷いた跡がありますので、いざり松伐採後に地蔵や石碑の位置を少し移動したのだと思います。当時の地蔵さんはイザリ松の左側にあり、子供たちは地蔵の屋根を踏み台にしてそこからイザリ松に上って遊んでました。

satomi5_2021012409434474a.jpg satomi_06.jpg
 
ここに来たついでに子供時代の思い出の場所を巡ってみたいと思います。
 

▽続きを読む▽
2018/09/22 17:27|回想録TB:0CM:0

岡山電気軌道 MOMO に乗車しました

岡山市を走る路面電車は市電ではなく、
岡山電気軌道(株)という民間企業で愛称は岡電(おかでん)です。
2車体2台車方式の超低床電車 通称MOMO(モモ)が3編成走っています。
その憧れのMOMOに乗車してきました。
岡山観光の時は(市内電車に乗るために)わざわざ駅から離れた大雲寺あたりのコインパーキングに自家用車を駐車して、そこから路面電車に乗って市内散策します。
 
 
2002年に導入された岡山電気軌道9200形電車 MOMO
okaden_01.jpg

2011年導入のMOMO2
okaden_03.jpg



▽続きを読む▽
2018/09/22 16:24|路面電車TB:0CM:0

岡山市内散策

姫路城を見学して夕方岡山市にやってきました。
中学時代に居住した思い出の地でもあるので明日の午前中ちょこっと散策してみたいと思います。

JR岡山駅・・・噴水と桃太郎像があります
Okayama2018_01.jpg Okayama2018_02.jpg

岡山駅前・・・
ダイエー(ドレミの街)がビックカメラになっていました。
あと岡山といえば路面電車・・・こちらは健在でした。
あとで路面電車MOMOに乗車したいと思います。
Okayama2018_03.jpg Okayama2018_04.jpg

その他、いくつかの思い出の場所を散策してみたいと思います。

▽続きを読む▽
2018/09/22 10:23|旅行・ドライブTB:0CM:0

吉備SA

山陽道の吉備SAで車中泊しました。
夜はどしゃぶりの雨でしたが、朝には青空が見えていました。
今日は一日岡山観光します。
KibiSA_2018a.jpg

サービスエリア内にある桃太郎像・・・
桃太郎像の多くは可愛い系とハンサム系がありますが、
ここの桃太郎はどうちらでもなく微妙な顔立ちです。
KibiSA_2018b.jpg
2018/09/22 07:30|車中泊TB:0CM:0

姫路城

姫路城に行ってきました。
昨夜からの雨も午前中には上がりました。でも曇り空なので写真の見栄えはイマイチですが・・。
世界遺産だけあって観光客の8割は外国人でした。

現存12天守の中でも一番人気で、その迫力と美しさは壮観でした。
現在の城の形に大改修したのは徳川家康の娘婿である池田輝政です。
HimejiJo19_01.jpg

HimejiJo19_02.jpg HimejiJo19_03.jpg

■姫路城   城データ
所 在 地: 兵庫県姫路市本町68
城地種類:  平山城
天守の形態: 望楼型 五重六階地下一階 木造(現存)
築 城 年: 1580年(天正8)、1601年(慶長6年)
築 城 者: 羽柴秀吉、池田輝政
主要城主: 豊臣氏、池田氏、本多氏、松平氏、榊原氏、酒井氏
文化財指定: 世界遺産、国指定史跡、国宝8件(大天守、東・西・乾小天守、イ・ロ・ハ・ニの渡櫓)、重要文化財74件
遺  構:  天守(現存)、櫓、石垣
別  称:  白鷺城



▽続きを読む▽
2018/09/21 00:10|城郭探訪TB:0CM:0

カレンダー 

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.