横浜CWL通信

アマチュア無線局 『7L4CWLのページ』 の管理人 Nob の日記です。 旅行・お城巡りなど無線以外の話題も適当に書きます。

ホーム 全記事一覧

プロフィール 

CWL

Author:CWL
呼出符号: 7L4CWL
常置場所: 横浜市旭区

7L4CWLのページ 

にほんブログ村 

↓人気ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 神奈川情報へ

にほんブログ村 トラコミュ 無線、アマチュア無線へ
無線、アマチュア無線

↑トラックバック コミュニティ
無線に関することなら何でもOK!
TBしてください

最近の記事 

カテゴリー 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

月別アーカイブ 

RSSフィード 

ブログ内検索 

QRコード 

QRコード

フリーエリア 







楽天ブックスで探す
楽天ブックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

無線局免許更新

先月、再免許申請した無線局免許状が届きました。
今回は初めて電子申請しました。
電子申請とはネットでアマチュア局の開局、変更、再免許の届出ができて手数料もネットバンクで決済するシステムです。手数料も通常より少し安くなります。

先ずはネットで新規ユーザー登録して、一週間程度でIDとパスワードが郵送されてきます。
そのIDとパスワードでログインして一旦パスワードを変更してから利用可能となります。
利用できるまでちょっと手間と時間がかかりますね。

そして更新(再免許)申請したわけですが・・・
電子申請だから通常の紙書類による申請より早いのかと思っていましたが、申請から免許状が届くまでちょうど一ヶ月かかりました。
それと電子申請なのに返送用封筒を郵送しないといけません。
電子申請は紙資源のムダや郵送の手間を省く意味合いもあると思うのですが、そのあたりが相変わらずお役所仕事ですね。
封筒代と郵送料で申請手数料に100円プラスでもいいから、総合通信局側から送ってほしいです。

ということで、電子申請による更新は無事終了しました。
再開局して(現在のコールサインになって)3回目の更新です。
はやいもので開局して35年・・・再開して15年・・・
でも今は無線活動は休止状態ですが・・・
今年は徐々にハムライフを再開したいと思います。

■総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ←よろしければ クリックをお願いします
スポンサーサイト
2011/05/21 23:05|アマチュア無線TB:0CM:0

猫は連れて行くよ!

福島の原発事故で周辺地域では避難生活が続いているわけですが、
残してきたペットや家畜は悲惨な状況ですね。
人間は政府や自治体の対応が鈍いにしても何とかしてくれるよね。
でも動物までは面倒みてくれないの。
ボランティア団体が地道な活動をしているにすぎないのが現状だよね。

先日もTVニュースで1か月以上放置している猫を救出にボランティア団体と一緒に家に戻ってたら息絶えており、飼い主が「ゴメンネ、ゴメンネ」・・・なんて泣いていました。その日の食事も置かずに家に閉じ込めてきたら生きていけないのは当然だよね。原発の避難指示は津波のように1秒が生死を分ける状況じゃないわけだから、ドライフードの袋を破ってバケツに水を入れておけば1か月は生き延びると思いますけどね。

ブタや牛といった家畜は外に放したものは野性的に生きているケースもありますが、(近所迷惑を考えて)泣く泣く繋いできたものは殆どが餓死していました。
瀕死の状態で動くことが出来ない母ブタの乳房にたくさんの子豚が必死に吸い続けている姿は哀れでした。もちろん乳は出ないわけで・・。

そんな必死で生きようとする動物に何の策も打ち出せない政府・・。
二ヶ月以上経った今頃になって安楽死の方針だとか・・。
原発に関する被害は東電か国家によっていずれは補償されるのでしょうけど、命は戻ってこないの。
何とか保護して、(東電の費用で)放射能を浴びた家畜の生態研究でもしたらいいと思うのだが・・。

neko_11a.jpg我が家の猫『ヌー』ちゃん・・
もう17歳になります。

もし自分が避難しなければならない状況になったら、ヌーちゃんは必ず連れて行くよ。
連れて行くことが許されないと言うのなら一緒に残るよ。
だって家族だもん。

よく動物はペットじゃなくて家族だ・・
とか言う人は多いですけど、
家族なら置いて行きますか?

横浜は大地震の可能性があるわけだから、(ペット同伴で)避難所に入れないことを想定して、1BOXカーの購入も検討しています。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログへ ←よろしければ クリックをお願いします
2011/05/15 02:28|TB:0CM:0

横浜も被災地?

東日本大震災から2カ月が経過したわけですが、
いまだに被害の全体像は把握されておらず、
被災者は将来の展望が見えない状況で日々苦難の生活を続けています。

迅速な対応をしなければならない政府や国会議員は震災を好機とした
主導権争いやら内輪もめばかりしていて腹立たしいです。
特に自民党は被災者をほっとらかしにして政権批判ばかりして・・・
原発事故だって甘い想定で推進してきたのは自民党政権でしょう。
くだらない批判合戦をする暇があったら、少しは被災地のことを考えてもらいたいものだ。

ところで、今回の大震災だが、
横浜も震度5強のゆれが2分以上続いたわけで・・・
一応 横浜も被災地なのだが、東北の被害に比べれば微々たるもなので、
大都市として東北を支援する立場になっています。

新興住宅地では液状化現象で家屋の被害も出てますし、
横浜駅前のハマボールは2年前に新装オープンしたばかりなのに、
天井が崩壊して自力での復旧が不可能として閉店、
ハマのボーリング場として親しまれた40年の歴史に幕を下ろすこととなりました。


110501_2a.jpg我が家では・・・
築28年という古さもあり、少し傾いてしまいました。
特に2階にある私の部屋は15cmほど歪んでしまい窓が開かない状態です。
天井も落ちそうになっています。
棚から落ちたものが散乱したままですが片付ける時間が無いのでそのままです。
震災後は1階の居間で寝ています。
まあ東北の津波被害に比べれば何でもないことですが・・・。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ←よろしければ クリックをお願いします
2011/05/11 23:24|日記TB:0CM:0

ガソリン携行缶

震災直後のガソリン不足で携行缶は東北はもとより関東地方でも売切れ状態でした。
必要も無い関西や九州地方でも同じ状態が続いていました。
西日本の親族が買って、品薄の東日本の親族に送る・・といったケースも多かったでしょうが、
買い占めてオークションに流して稼ぐという行為も目立ち・・・
店頭で3千円程度で売っていたものが一時期は3万円前後で落札されていました。

私も東北の親族の支援に行くのに帰りの燃料を持っていかなければならないのでどうしても必要でした。
持っていたのは発電機用の5L缶のみで、20L缶を買っておけばよかったと後悔しました。
それで、ネットショップを調べまくり、
4月中旬に中国からの直輸入で入手することができました。
DSB-20という型番で、販売価格3980円、EMS送料2700円の合計6680円かかりました。
DSB-20a.jpg

5月に入ってネットショップでも常識的な価格で販売する店舗が出てきましたので、
日本企業のブランド(大自工 F-52)のものを注文しました。
これは3480円、送料840円の合計4320円でした。
それが到着する前に立ち寄った近所のホームセンターで
YAZAWAの20L缶が2980円で売っていました。
他のホームセンターに行くと大自工のF-52が2980円で売られていました。
ネットショップやホームセンターでも徐々に入荷されるようになったようです。
それでもまだ品薄状態なので定価に近い7千円以上で売っている店舗も多々見られます。
F-52.jpg

ということで、何とか入手することができました。
自分は通勤は時間的に自動車でなければできないので、
ある程度は備蓄しておかなければならないと実感しました。
あと、もう少し落ち着いたら自転車も購入しておこうと思う。

今回の燃料不足、スタンド渋滞などの騒動で携行缶で備蓄する家庭も増えるんじゃないかな。
でもカソリンは保存しておくと腐って使えなくなるから要注意ですよね。
我々アマ無線家ならガソリンが腐ることは常識として知ってますが、
一般の人はそのあたりの知識は無いと思うから、
古いガソリン入れて車の不具合が増えるかもしれませんね。

★にほんブログ村 人気ランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ ←よろしければ クリックをお願いします
2011/05/08 22:52|自動車TB:0CM:0

カレンダー 

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報 


-天気予報コム- -FC2-

カウンター 


現在の閲覧者数

無料カウンター

リンク 

このブログをリンクに追加する

おすすめ商品 





Copyright(C) 2006 横浜CWL通信 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。